費用対効果と投資対効果

2012年5月5日
項目費用対効果投資対効果
英語で言うとReturn On Acquisition Cost=ROAC

獲得コストに対するリターン
=効率(同じ成果を出すために、いかに予算を抑えるか)
Return On Marketing Investment=ROMI

マーケティング投資に対するリターン
=効果(同じ予算で、いかに多くの成果を出すか)
得ることができるもの商品購入/資料請求/会員登録/オンライン予約などのコンバージョン獲得数など
→顕在顧客の効率的な刈取りを目論む
→市場獲得(争奪戦)
ブランディング効果/意識変容/商品理解の促進/動機づけ/パーセプションチェンジ
→潜在顧客の顕在化・育成を目論む
→市場創出(開拓事業)
施策例・指標例●インプレッション(露出回数)
●クリック・スルー・レート(クリック率)
●コンバージョン・レート(獲得率)
●一人あたりの顧客獲得コストなど
●マスメディアを使ったブランディング広告
●意識変容などを目的としたプロモーション
●SMM(ソーシャル・メディア・マーケティング)
●CNM(コミュニティ・ネットワーク・マーケティング)
スパン短期的長期的
強く表れる効果FLOW=生産活動を活発にし、原材料や労働力の需要を増大させ、生産機会・雇用機会の創出等の経済活動を活性化させる効果STOCK=社会資本整備が機能することにより、社会活動の効率性・生産性・生活環境の快適性等を長期的に向上させる効果
費用対効果と投資対効果
費用対効果と投資対効果