MA(マーケティング・オートメーション)

2021年11月10日

MA(マーケティング・オートメーション)とは、顧客開拓におけるマーケティング活動を可視化・自動化する流行りのツールです。

MAはMarketing Autmation(マーケティング・オートメーション)の略で、「顧客開拓におけるマーケティング活動を可視化・自動化するツール」です。MAのミッションは「欲しいと思っているユーザーを察知し、最適なタイミングでのアプローチを可能にする」ことです。

働き方改革を求められた結果、長時間労働が敬遠される一方で、人手不足の影響で従業員一人当たりの仕事量が増えている企業は少なくありません。

こうした状況の結果、生産性の向上が求められ、業務を自動化・効率化できるマーケティングオートメーションを導入した企業は多くあります。

しかし、MAは魔法のツールでも、コストを大幅に下げる節約ツールでもありません。

MA(マーケティング・オートメーション)の特徴

とにかく費用がかかる:システムの導入に費用、運用サポートに費用、データの解析・分析に費用と、ンテンツ作成・SEO対策に費用と、ひたすら出費が積みあがっていく可能性を覚悟しましょう。

自動化されるのは一部だけ: MAにより自動化できるのは、営業担当者の「行動」部分のみです。営業マン1人分が不要になる(経費が浮く)などではありません。

使用するシナリオが必要: そもそも、MAが上手く運用にのるかを決めるキーとなる「どの顧客と、どのタイミングで、どのようにコミュニケーションをとるのか」というシナリオ設計が必要です。

他部署との連携が必要:例えば、マーケッターが確度の高い見込み客(ホットリード)を導き出し、それを営業にパス。次に営業が提案~商談。「こんな決まらない案件をなぜパスした!」と言う営業、「いい案件をパスしたのに、なぜ決められないの?」というマーケッターと営業マンが対立したといったケースも。

使う側に膨大なリテラシーが必要:MAの運用には、シナリオ設計・効果測定・顧客管理・コンテンツ作成などとやらないといけないことがたくさんあります。

一部のリソース(ヒト・モノ・カネ)が潤沢な大企業には向いているMA。一方で、使いこなせず途中で止める中小企業は少なくないと聞きます。

中小企業でのマーケティングは、MRDにお任せ下さい。オートメーションは無理でも、お客様と並走しながら、高効率に成果を実らせてご覧にいれます。