© 1995- 2019 MRD(株式会社ミウラ・リ・デザイン) Miura-Re-Design Co., Ltd. Tokyo Japan 東京都

MRD_LOGO_MRD_3COLOR.png
  • Twitterの社会のアイコン

Save the world with Re-design.

女性に活躍してほしい

■ 女性の採用数を増やしたいが、上手くいかない。女性は採用することも、育てることも難しい。
「女性活躍企業」 推進ご担当の方・人事部門の方へ
「女性の活躍」を期待し、登用を進める上で、こんなお悩みをお持ちではありませんか?
  • 「女性の採用数を増やしたいが、上手くいかない」

  • 「女性にも優しい職場づくりを推進したり、女性活躍企業に変わりたい」

  • 「女性が生き生きと働けている企業じゃないと、企業の評判・資産価値・人材採用力に影響を及ぼすことがわかってはいるが、手をこまねいている」

  • 「もしかして、“名ばかり女性活躍企業” になっているのではないだろうか…」

そもそも「女性の採用・活躍」とは/ 女性活用によるメリットとリスク
  • 就労人口の減少は進んでいます。もはや、女性社員の活躍なくして企業経営が成り立たない時代です。女性の管理職登用はもちろん、イキイキと長い間働き続けてくれる女性社員がいない会社は、労働力や社会的信用の面でリスクが高いのです。

  • いまの時代背景を受け、「働き方改革」の一環として、女性が職業生活において、十分に能力を発揮して活躍できる環境を整備するために制定されました。 従業員301人以上の企業は、女性登用の数値目標を含む女性活躍推進に向けた行動計画の策定および公表が義務付けられたのです。

  • 従業員300人以下の企業でも、同じです。もし、女性の採用や活躍が遅れているのであれば、今こそ改善に取り組まないと手遅れになってしまいます。

  • しかし、ただ女性に配慮した制度を整えれば良いわけではありません。もっとも大切な点は「働く女性の気持ち」を正しく知り、そこにしっかりと寄り添うことです。

「女性活躍企業化」推進のためのリ・デザイン・ソリューション
  • 女性が輝いて働けている企業かどうかは、企業の評判・資産価値・人材採用力に影響を及ぼします。あなたの会社は女性が生き生きと働いていますか?「名ばかり女性活躍企業」になってはいませんか?MRDが独自の視点から「女性にも優しい職場づくり」推進や、「女性活躍企業」への進化を後方支援・導入支援いたします。

  • 男性経営陣・男性管理職が一方的に「女性に配慮した(と思い込んでいる)制度」を導入するのではなく、もっとも大切な点は「働く女性の気持ち」を正しく知り、そこにしっかりと寄り添うことです。

  • 女性の客観的な気持ちを知りたければ、第三者の女性にヒアリングしてみるのが一番。そこでMRD。

  • 女性コミュニティ(関連企業)を使い、企業の現状や、導入したい制度、内部視点からでは気づきにくい問題点などを調査・発見することができます。

  • 【MRD業務】:女性コミュニティを使ってのマーケティング調査覆面調査・使用感調査、サンプリング、女性取材・ヒアリング・座談会・グループインタビュー、女性向けコンテンツ企画・編集・執筆、女性SNS・ブログ代行、商品開発ほか。

※本図像化はMRDによる

女性活躍の有無は多方面に影響。社会的信用・企業ブランドの重要ポイント。

女性採用・環境整備をないがしろにしておくことのリスク
  • 現代は「女性活躍推進法」により、「女性活躍の見える化」時代になっています。この法律により、全国に約1万5000社あると言われる従業員301人以上の企業は、女性登用について数値目標を含む行動計画の策定と公表、女性活躍に関する現在の数値の公表が義務付けられました。

  • 女性採用比率、女性社員比率、男女の平均勤続年数の差異、1カ月の平均残業時間、女性管理職比率など定められた14項目から1つ以上選択し公表しなければならないのです。

  • 厚生労働省は「公表範囲そのものが企業側の女性活躍推進に対する姿勢を示すものになり、求職者などの企業選択の要素となる」と明言しています。つまり、企業は女性活躍の度合に応じて「格付け」されることになりました。

  • 従業員300人以下の企業も、この法律が適用されないだけで同様です(現在は「努力義務」)。女性活躍の度合によって「格付け」されていることに変わりはありません。

  • 学生がどの会社に就職しようかと考えるとき、消費者がどこの商品やサービスを購入しようかと考えるとき、また企業がどこかに仕事を発注しようと考えるとき、また投資家がどこに投資しようかと考えるとき、「女性活躍の度合」は企業を選ぶ際の判断材料のひとつになっているのです。

女性採用・環境整備をないがしろにしておくことのリスク

※本図像化はMRDによる

就活生に選ばれない

消費者に選ばれない

社会的に支持されない

投資家に選ばれない

女性マーケティング部隊を活用するメリット
  • 客観的に質問したり、調査ができます。

  • 内部の女性従業員には聞きにくい、知られたくない内容でも、詳しく深く調べることができます。十分な配慮がない場合、内部従業員女性に対してのセクシャルハラスメントとして認識されてしまうリスクがあります。

  • 内部に質問項目などが漏れる心配がありません。秘密保持契約を結びます。

  • 【MRD業務】:女性コミュニティを使ってのマーケティング調査覆面調査・使用感調査、サンプリング、女性取材・ヒアリング・座談会・グループインタビュー、女性向けコンテンツ企画・編集・執筆、女性SNS・ブログ代行、商品開発ほか。

リ・デザイン・ソリューション事例
23年分の豊富な実績と経験値を持つMRDだからこそ、
企業様・士業様のさまざまな課題解決が可能です。まずは、お気軽にご相談ください。

23年の間に多くのお客様に支えられた多数の実績がございます。まずはお気軽にご相談ください。すぐに駆けつけます。

お電話でのご相談・お問い合わせ 080-4174-2302 (9:00~18:30 年中無休)

Webからのご相談・お問い合わせ お問い合わせ