• Twitterの社会のアイコン
MRD_LOGO_MRD_3COLOR.png

© 1995- 2020 MRD(株式会社ミウラ・リ・デザイン) Miura-Re-Design Co., Ltd. Tokyo Japan 東京都

Re-design makes you Happy.

芸協の華@お江戸日本橋亭

座談

桂こう治:「子ほめ」

三遊亭遊雀:「電話の遊び」

桂鷹治:「天狗裁き」

―仲入り―

三笑亭可龍:「反魂香」

春風亭昇也:「武助馬」



オープニング座談では「池袋(演芸場)のような雰囲気ですね今日は」と遊雀師匠。落語慣れしている(馴染)客が大勢来ていたからかな。


可龍さん、遊雀師匠がフィーチャーしたのは鷹治さんと昇也さん。俺も鷹治さんと昇也さん目当てで予約。しかし、圧巻は遊雀師匠の「電話の遊び」だった。


お囃子さん付きの豪華な会だったので、鳴り物入りで「電話の遊び」。これは、息子に外出禁止(外での遊び)を言い渡された旦那が電話口で贔屓の芸者に唄を謡わせることで我慢させようとするストーリー。古田尚美さんか、足立奈保さんかだったのだろう。「おナオや、おナオ!」と舞台袖に隠れているお囃子さんを芸者に見立てて、掛け合いで進行。こんなの聞かされたら、もうたまらんですよ。落語が贅沢過ぎて。もちろん、しっかり爆笑もとった上でのこと。芸達者なベテランの高座は惚れ惚れしますね。


可龍さんも「反魂香」を鳴り物入りで。どうせなら、鷹治さんと昇也さんも何か鳴り物入りのネタを出してくれると、さらに満足できたのになぁ。三遊亭圓丸師匠の物真似付き。




4回の閲覧