• Twitterの社会のアイコン
MRD_LOGO_MRD_3COLOR.png

© 1995- 2020 MRD(株式会社ミウラ・リ・デザイン) Miura-Re-Design Co., Ltd. Tokyo Japan 東京都

Re-design makes you Happy.

第13回世田谷246ハーフマラソン(総括・そしてリブート宣言)

最終更新: 2018年11月16日

今日は「第13回世田谷246ハーフマラソン」でした。


まずは公開したくない結果から。ぐぬぬぬぬぬ。(己に喝を入れるために誉も恥部も公開する。公言し、外濠を埋め、自分を追い込むタイプ)


グロス 1時間47分49秒

ネット 1時間47分09秒


自己ベストが去年の「第12回世田谷246ハーフマラソン」の1:45:07(ネットタイムは1:44:11)。それにはまったく及ばなかった。おーのーれーおれめぇー。



〔良かった点〕

なし。

と書くと元も子もないので書く。

  • 体調が悪いなりに完走できた。

  • 前半だけはキロ4分45で行けた。(世田谷マラソンクリニックでも実証済)

  • 計画通り、第二給水でジェル補給できた。(の割に後半落ちたけど。)

  • 各給水で水を飲みすぎることがなかった。

  • トイレに寄ることがなかった。

  • タートルの時は足の裏を痛めたが、そうはならなかった。靴紐をしっかり結んだせいかな?


〔反省点〕

いっぱいあるが一言で言えば調整ミス。漢字二文字で言えば風邪。なんということか、木曜日から体調を崩してしまった。気づかなかっただけで、もう少し前から罹患していたのかもしれないが。


必死のパッチで治癒に努めてDNS(Did Not Startの略。レース競技にエントリーした選手が何らかの事情でスタートしなかった場合のこと、欠場、棄権の意味。ここではDomain Name Systemという意味ではない)は回避できたから、まだましなのだが、やはりコンディション作りをもっと真剣に考えればよかった。


コンディション作りに油断が生じた一要素には、今年の「修行走」が開催不可能になったことが挙げられる。中止になってしまったことで緊張の糸が切れ、

「むしゃくしゃしていた。走れるんだったら、どこでも良かった」的に走りたい。ストレス発散のため、たんまりと走り込むことで自分を苛めたい。と思えるとき、これも一種の自傷行為と言えるのだろうか。おーのーれー!うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ (10/26のツイッター投稿より)

こんな気持ちになっていたからだ。なので、大会一週間前の先週土曜に43㎞近く走るという暴挙?で、自己満足や高揚感を感じていた。(ふっ、俺もまだ青いな)


疲れが抜けないまま、スケジュールが詰まった11/5(月)の週に突入。恐らく過労から体調を崩した。風邪とは言え熱はない。ずきんずきんという頭痛と、しくしくする下腹部の痛みのみ。そして倦怠感。おーのーれー倦怠感めぇ~


それでも木曜から比べれば日に日によくなり、日曜日朝を迎え、(どうにか巧いこと走れるかな)と思っていたけど、やはり甘くはなかったわけで。問屋は卸してくれなかった。仕入れることはできなかった…。販売計画は破たんした…。


がっかりな結果だが、落ち込むのは今日だけだ。なんせ、俺は


■趣味:落ち込み

■特技:立ち直り


だからな。おーのーれー風邪めぇ~


〔明日から〕

年々、肉体的には経年劣化(1歳ずつ齢を取る)するわけで、その中で記録も伸ばしたいという矛盾を含んだ理想をどう実現させていくべきか。時間にどう抗っていくべきか。抗酸化作用をどう乗り越えるのか。ただし、練習を減らすのでは意味がないから、練習の質量を上げて、体力・走力共に磨いていく必要がある。


1)練習方法の再構築:もっと計画的に走る。もっと計画を立てて、決めて走る(最も苦手)。練習の質を上げる。スピード練習を軸に据え、その代わり、間をおかずにコンスタントに練習し続ける。だらだらと長く走るのはできるのだから、もっと短時間でインパクトのある、高いインパクトの、所謂「強い練習」を行うこと。


月曜日:☆練習休み

火曜日:済美山で「ガチるゆラン」1回目

水曜日:済美山でガチ1km走(4:30~5:30)×5~10本

木曜日:済美山で400m90秒×10本

金曜日:済美山で軽いジョグ(土曜日へのつなぎ)

土曜日:朝はIJC朝ラン(≒ガチるゆラン2回目)/夕方は済美山ランニング倶楽部でYASSO800

日曜日:☆練習休み あるいは LSD(ロングラン)

※休みは週に2~3日まで。


2)体重を落とす:体重を測る。間食を減らす。お酒のつまみを減らす。「食べる前に、間をおいて考えるダイエット(by世界一受けたい授業より)」を実行する。


3)もっと走る。走量の総量を増やす。(計画を守る)


4)目標値の明確化

  1. ハーフマラソンの目標タイム :ネットで1時間40分を切る!

  2. フルマラソンの目標タイム :ネットで3時間50分を切る!

  3. 「2019修行走」フルコースで完走


ランニング計画は、いわば自分を使った人体実験だ。PDCA回すぞ。


明日(月曜日)は休む!風邪を治す!


そして火曜日から、リブート!



朝7:30頃の駒沢競技場。俺の華麗なるランニング人生の夜明け前ぜよ。

50回の閲覧