東北笑生会主催 露の新治師匠の会

NPO法人東北笑生会主催

露の新治独演会

深川江戸資料館 小劇場


桂紋四郎:「延陽伯」

露の新治:「阿弥陀池」

めおと漫談 ジキジキ:「音曲漫才」

露の新治:「まめだ」

―仲入り―

トーク:「東北笑生会の活動」露の新治/ジキジキ/増子理事長

サプライズ!柳家さん喬師匠ご登壇!

露の新治:「宿屋仇」


初めて聞く桂紋四郎さんは「延陽伯」。江戸落語で言う「たらちね」。よく口が回るが、聞き取りにくい。残念。


新治師匠の「阿弥陀池」。江戸落語で言う「新聞記事」のエッセンスが見受けられる。 上方地名が盛り沢山。滑稽な噺も巧い新治師匠。本当に楽しい。


めおと漫談 ジキジキさんも初。楽しいね。ポカスカジャンと二つ組み揃っての会を催してほしい。もっと楽しくなると思う。


喜怒哀楽全方位堪能できる新治師匠は基本何でも端正で所作も口跡も美しい。なかでも、傘の所作が見事なことに気付く。雨や宙返りが見えるんだもの。「中村仲蔵」しかり「まめだ」しかり。この世界観、世界の構築力(※)はすごいと思う。


VR(仮想現実:バーチャルリアリティ)もう一つの世界へ

AR(拡張現実:オーグメンテッドリアリティ)現実世界+CG等の仮想現実

MR(複合現実:ミックスドリアリティ)仮想世界と現実世界の高次元融合

RR(落語現実:ラクゴリアリティ)落語家を通して体感没入する架空物語世界


笑二さんの「宿屋の仇討」を聞いてからの、新治師匠の「宿屋仇」。 ハメモノ入りで賑やかなのは上方落語ならでは。「宿屋の仇討」でも鳴り物入れればいいのにね。特筆すべきは眠りを邪魔される万事世話九郎。三人組のどんちゃん騒ぎ(ハメモノ、音曲)が耳に入ってくるから、何度もついついリズムを刻んでしまう。かわいい!新治師匠バージョンならではの演出かな。贅沢なトリの一席でした。


もっと都内で独演会を開いてほしい。それが新治師匠への希望。個人的に今最も上方落語界で高座を聞きに行きたい落語家。、それが露の新治。



22回の閲覧
  • Twitterの社会のアイコン
MRD_LOGO_MRD_3COLOR.png

© 1995- 2020 MRD(株式会社ミウラ・リ・デザイン) Miura-Re-Design Co., Ltd. Tokyo Japan 東京都

Re-design makes you Happy.