大天どん会 ~2019シリーズ その1~@お江戸日本橋亭


次回は4/11(木)

大天どん会 ~2019シリーズ その1~@お江戸日本橋亭


オープニングトーク:三遊亭天どん

三遊亭天どん:「通信簿」

三遊亭あおもり:「鈴ヶ森」

三遊亭天どん:「鰍沢」

ー仲入りー

三遊亭天どん:「氷の上で…」



先生が(落語家としてヒトとして)好きなので、「大天どん会」に行ってきた。三遊亭天どんプロデュースの「大天どん会」。


オープニングトークは恒例のプロデューサー(としての)トーク。「(弟子の)ごはんつぶがインフルで、あおもりくんに代演を頼んだ話」からはじまり、今夜かけるネタについて。お客様に頂いたというグリコのお菓子、グリコと言えば師匠!について、など。


「明るい皮肉屋」「真っ直ぐなひねくれ者」「優しいツンデレ」など、先生に対する俺の褒め言葉(高評価表現)は色々あるのですが、断然俺は先生が好きなのだ。


先生とは通常、落語家ではなく色物の人に対する敬称であるが、俺は三遊亭天どんの生徒(新作落語台本講座)だったため、常に「先生」と呼ぶ。


とにかく、三遊亭天どん先生は良い人だし、面白い。俺に合う。(どうしても合わない落語家さんもいる中、こんなにハマる人もいないと思う)


さて。最初のネタは「通信簿」。あっさりと終わったけど、その後の「鰍沢」が長講だったから時間配分だったのだな。


ごはんつぶ君(弟子)の代打は白鳥師匠のお弟子さん・あおもり君。「鈴ヶ森」。初めて聞くが良い声をしている。もう10日程で二つ目に昇進し「青森」に改名。これからもがんばって!


で今夜イチの大ネタ、天どん版「鰍沢」。ワザオギCD向け録音マイクが入っていたから緊張していたのか?なかなかの良いところでちょっとトチっちゃったけど、「しまったー!」って顔をしてしまうのが先生の良いところ。こういう可愛げが女性の心をきゅんきゅん言わすのだろう。録音点作って言い直したのは流石です。


本寸法でもないし、サゲが一般的じゃないのも先生らしくて良い。サゲは「気分で変える!」というのだから、流石のひねくれ者です。滋味を感じる。


でトリの高座。先ほどの「鰍沢」での反省会。こういうところも先生らしい。かっこう付けないし、すべてを笑いで止揚(アウフヘーベン!)させていく。


そっからの新作「氷の上で…」。


天どん版「鰍沢」で客席のバネが縮んでいたのか(滑稽噺じゃないですからね)、どかんどかんとウケていく。笑いたかった観客たち、跳ねる客席。先生もノッテいくのがわかる。これは確実に笑いの取れる良い噺ですね。


さぁて、次回は4/11(木)。

15回の閲覧
  • Twitterの社会のアイコン
MRD_LOGO_MRD_3COLOR.png

© 1995- 2020 MRD(株式会社ミウラ・リ・デザイン) Miura-Re-Design Co., Ltd. Tokyo Japan 東京都

Re-design makes you Happy.