シブラク8/11(土)14:00~16:00

柳家わさび:「やかん」

春風亭百栄:「尼寺の怪」

橘家圓太郎:「馬の田楽」

春風亭昇々:「天災」


わさびさん、いつの間に坊主に。言い立てはすらすらと。


待ってました百栄先生。冒頭は本当にはネタを探っているのか、わざとなのかそれはわからない。「カメラを止めるな」のくだりも面白い。とぼけた感じは落語界随一。怪奇現象も引き寄せつつ、怪談噺風の滑稽噺「尼寺の怪」。聞いてきた話を他の相手に目茶目茶にそらんじるというのは落語の笑いのフォーマットだが、なんと面白かったことよ。


圓太郎師匠のズーズー弁はまじでいい。手練れ感たっぷりに、田舎者ばかりが出てくる田舎の噺「馬の田楽」。


昇々さんの「天災」はトリにふさわしく大笑い。「ざけんなよ」が似合うキレる江戸っ子。「宿屋の富」級に面白かった。




11回の閲覧
  • Twitterの社会のアイコン
MRD_LOGO_MRD_3COLOR.png

© 1995- 2020 MRD(株式会社ミウラ・リ・デザイン) Miura-Re-Design Co., Ltd. Tokyo Japan 東京都

Re-design makes you Happy.