• Twitterの社会のアイコン
MRD_LOGO_MRD_3COLOR.png

© 1995- 2020 MRD(株式会社ミウラ・リ・デザイン) Miura-Re-Design Co., Ltd. Tokyo Japan 東京都

Re-design makes you Happy.

あラやしき@神田連雀亭

最終更新: 2018年12月31日

柳家小太郎・春風亭一蔵:「ちりとてちん」

柳家小太郎:「穴どろ」

―仲入り―

春風亭一蔵:「文七元結」



小太郎さんと一蔵さんの二人会「あラやしき」。


去年の12月は「あラやしきスペシャル」@町屋に行っていたのだった。今年も暮れは「あラやしき」。ハコは違えど、本日も大入満員なり。


開口一番は二人落語「ちりとてちん」。面白い趣向。理由はお二人のサービス精神によるもの。


連雀亭の開場がギリギリになり、寒空の中、お客様を外で待たせてしまったことのお詫びだという。で、急遽、二人落語。その後、長いのを1席ずつやていただけるそうで。


喬太郎師匠と文蔵師匠がやった二人落語が面白かったとのことで、「やってみよう」となったらしい。急ごしらえなので“あラ”い面も多かったが、なんとかサゲまで。「意外にできたので、またやるかもしれません」とのこと。楽しみがまた一つ増えました。


「噺のでどこ(教えてくれた師匠が違う)が違うと、合わせるのが大変」とのことで。そこがまた微妙に面白かった。


ちなみに、有名なのがこれ。五代目小さん 談志 小三治の三人落語 「蒟蒻問答」。動画でご覧ください。落語の楽しさ・可能性は無限です。


続いて小太郎さんは金欲しさににわか泥棒になる「穴どろ」。大晦日の噺です。


「(先にやった「ちりとてちん」と)ついちゃうなぁ」と言いながらも、宴席に残った肴(魚や鶏)の食べ方が、酒の飲み方が抜群です。大げさに演じてくれた「ちりとてちん」と違って、しっかりと。以前聞いたのは誰の「穴どろ」だったけなぁ。喜多八師匠だったかな。


トリは一蔵さんの仁(にん)にぴったり「文七元結」。これが2018年の聞き納め、納めネタになった。(まさか、ここまですごいとは会の冒頭には思いもしなかった)


一蔵さんは自他ともに認める競艇ファン。言わばギャンブル狂。そんな人がギャンブルにはまって家庭を滅茶苦茶にした左官の長兵衛が主人公を演じているのだ。一蔵さんは家庭を滅茶苦茶にしていないと思うが、リアル博徒なのだからして、一蔵さんの右に出るものがいないのではないか。


佐野槌のおかみも、またぴったり。一蔵さんが佐野槌のおかみに見えた。(今夜は京塚晶子ではなく、松坂慶子に見えた)


文七の雇い主の近江屋卯兵衛もお見事!一蔵さんが卯兵衛に見えた。


一蔵さんは長兵衛になり、佐野槌のおかみになり、卯兵衛にもなった。成りきっていた。


お涙ちょうだいの一辺倒じゃないのも素晴らしかった。ポイントポイントでは声が出る程笑った。笑わしてもらった。これがまたいい。全然ダレなかった。


ドスも効いていたし、声にも高座を叩く手にも迫力があった。メリハリがあった。何分の高座か測っていないが、長編落語なのに、ちっとも飽きなかった。


のめり込んで、前にのめりになって聞いていた。聴かされていた。今年の聞き納めがこれで良かったよ。最上の年末。



落語ってのは、どうしてこうも楽しいものなのか。当たりもはずれもあるが、今夜みたいに大当たりする会があるから止められんわ!


「競艇まく―る」(一蔵さんの別名・こういう掛け声が掛かる)だからこその迫真、大迫力の高座だった。落語家の仁とネタ、環境(客・季節・今日のムード)がはまったときの爆発力たるや。これぞ #落語 の醍醐味。


真打・桂やまとさんの代名詞になりつつある「文七元結」も相当に好きな俺なのですが、二つ目さんでここまで吸引力のある、客の気持ちを虜にできる「文七元結」が出来る人は一蔵さんだけではないだろうか?


眼福、耳福、高座福。今夜ばかりは小太郎さん露払いで一蔵さん横綱。2019年は一蔵さんも追いかけます。思いがけずヤバイもん見たって印象。



会がはねてから呑んでたら、小太郎さんご一同(5名)が俺たちのいる店にやってきた!


(やった!いっしょに呑める!ますます最高の年末だ!)


と思ったけれども、お店は満席。挨拶だけしてさようなら。別の店に行ってしまわれた。


あーー、そこまで上手く噺は出来てなかったかぁぁぁぁぁ。


「文七元結」のお礼に一杯、ごち蔵したかったのにぃぃぃぃぃぃぃぃ。

25回の閲覧