独りで走るか、仲間と走るか

2020年1月5日
未分類

独りで走るか、仲間と走るか

これは個人で好みがくっきり分かれます。

私は最初は地元のランニングクラブ(無料でゆるい感じ)に誘われて入りました。仕事で知り合った方が、たまたまその近所近隣のランニングクラブに入っていて誘ってくれたのです。

2019年になってから徐々に疎遠に(喧嘩したとか、もめたとかではなく、一人で走りたいという気持ちが強くなったため)なりましたが、メンバーとはLINEでつながっていますし、機会があればいつでも参加する気持ちは持っています。

またしても私の体験から言いますと、走り始めの方は断然、なんからのランニングクラブ、コミュニティに思い切って参加することをお勧めします。

チームに入って走ることのメリット

  • 良い意味で「縛り」が生まれる。制約が生まれる。一人は自由で気ままでよいのですが、自由すぎて、己を律することが困難になるときがあります。なんらかのチームに所属しておくと、そんなときの縛りになります。
  • 仲間から刺激や情報を受けとることができる。同じレベル人、上級者、いろいろな人から知恵や経験談をもらうことができます。時としてライバル視したりして、刺激・さらなる高みを目指すモチベーションになることも。
  • 大勢で走ると、引っ張られる。良い意味で他人のリズムに巻き込まれて、思わぬ速い速度で走れたりもします。
  • 他のランナーがお手本になったり、反面教師になったり。フォームしかり、走っているときのマナー、走り終わった後の行動など。良いランナーはお手本に。そうじゃなランナーは反面教師にしましょう。
  • チームで走ったあとに、みんなで飲んだり食べたり。わいわいできる。これも楽しみのひとつです。一緒に走って、銭湯で汗を流して、そのあと冷たいビール!なんていうのも最高ですしね。

チームに加入して走るといっても、せいぜい週1回とか、そんなもんでしょう。あとの6日間はあなたの時間です。独りで好きな時に、好きなペースで走ればよいのです。

では、みなさん、レッツ・エンジョイ・ランニング♪ 大丈夫、必ず走り切れます。