© 1995- 2019 MRD(株式会社ミウラ・リ・デザイン) Miura-Re-Design Co., Ltd. Tokyo Japan 東京都

MRD_LOGO_MRD_3COLOR.png
  • Twitterの社会のアイコン

Save the world with Re-design.

IT化を推進したい

■ IT化を進めたいが、IT担当はいない。採用することも、育てることも難しい。
総務部・広報部などホームページご担当の方へ
IT化を進める上で、こんなお悩みをお持ちではありませんか?
  • 「IT化を進めたいが、IT担当がいない。IT人材が不足している」

  • 「IT専任者を採用することも、内部で育てることも難しい」

  • 「ホームページ(コーポレートサイト)が古いままだ」 ※常時SSL化されていますか?

  • 「会社案内(紙媒体)をそのままネット上にアップしたようなサイトだ」

  • 「コーポレートサイトは、コストがかかるコストセンターだ」

そもそも「IT化」とは/ IT化によるメリットとリスク
  • 「IT化」は、世界標準では「ICT化」と言います。国の資料ではすべて「ICT」で統一されています。

  • IT化する最大の目的は「業務効率化」、IT化する最大のメリットは「業務時間短縮/ブラック企業からホワイト企業への変身/人件費削減」です。

  • IT化=デジタル化と言い換えても、ある意味では良いかもしれません。

  • IT化の一般的なリスクは、IT機器やシステム構築するための設備投資に多額の費用が必要になることです。

  • ネットワークシステムを構築しても管理するためには専門的な知識が必要になりますし、別途エンジニアなどに依頼する必要(手間と費用)も生じます。

  • ウイルス感染や情報漏えい、顧客情報の流出などの情報セキュリティ上のリスクが生じかねないこともリスクです。

「IT化」推進のためのリ・デザイン・ソリューション
  • 特別なIT機器やシステム構築といった大規模改修は不要です。

  • まずは、「コーポレートサイト(ホームページ)」の診断と改善から行います。これがあらゆるIT化の基礎です。

  • 【MRDサイト制作業務】:コンセプト提案、コンテンツデザイン、コーディング、プログラミング、サイト最適化、サイトローンチまでの一切の作業。

  • 「コーポレートサイト(ホームページ)」の改善は、最もローコスト・ローリスクで、ハイリターンな改善策です。

  • 「コーポレートサイト(ホームページ)」は、コストがかかるコストセンターではなく、企業利益を生み出す「プロフィットセンター」です。

  • ECサイトや採用サイトを生かすも殺すもコーポレートサイト次第です。もっとも重要なウェイトを占めるのがコーポレートサイトです。

  • IT専任者を採用することも、内部で育てることも不要です。なぜなら、MRDがすべて代行できるからです。

  • 【MRDサイト代行業務】:コンテンツ企画・デザイン・プログラム、コンテンツ取材・編集・執筆、ブログ更新・運営管理、メンテナンス

※本図像化はMRDによる

コーポレートサイト(ホームページ)の最適化が、あらゆるIT化の基礎。

コーポレートサイトを古いままにしておくことのリスク
  • セキュリティが甘く、ウイルス感染や情報漏えい、顧客情報流出などの情報セキュリティ上のリスクが高くなります。

  • 検索エンジンの最新仕様に合致していないため、SEO対策を講じることができません。永遠に検索上位には表示されません。

  • スマートフォンでの最適な表示ができないため、効果を感じることができません。スマホで見づらいサイトは嫌われます。

  • 更新頻度=企業の活性度とも言えます。頻繁に更新していないサイトは業績悪化や、IT軽視、内部硬直化・時代遅れと言う捉えられ方をします。

  • 新規取引先や就職希望者からの信用が得られません。

  • 常時SSL化されていないことのリスクもあります。

コーポレートサイトを古いままにしておくことのリスク

※本図像化はMRDによる

セキュリティ上のマイナス

SEO対策上のマイナス

企業イメージのマイナス

採用活動へのマイナス

コーポレートサイトの、さらなる強化、多言語化 ~英語版・中国語版を制作するメリット
  • ホームページを外国語に翻訳して多言語に対応させると、海外や訪日外国人にビジネスを強力にアピールできます。

  • 市場拡大による新規顧客の獲得が可能です。

  • 多言語への対応は国内のお客様の信頼感向上にもつながるほか、競合他社との明確な差別化になります。

  • 「多額の翻訳費用をかけてWEBサイトを多言語サイトにリニューアルしたが、海外からの集客ができない」

  • それは海外SEOで失敗しているからです。多言語WEBサイトでは、最適なドメインを活用する必要があります。

  • また、正確な翻訳をあてがう必要があります。(自動翻訳ソフトの活用などもってのほかです)

  • MRDでは英語・中国語の正確な翻訳業務も請け負っております。

  • 【MRDサイト多言語化業務】:翻訳(日・英・中・他)から、サイトのローンチまでワンストップで効率良く、コスパ良く、多言語サイト構築が可能です。

コーポレートサイトの多言語化~英語版・中国語版を制作しておくメリット

日米中の越境EC市場は年々活況。

大きな市場であり、ビジネスチャンス。

  • グロバール市場の拡大

  • 新規顧客の獲得

  • 市場信頼感の向上

  • 差別化戦略での勝利

越境ECの市場規模(2018年)

出典:経済産業省平成30年度 我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備 (電子商取引に関する市場調査) ※本図像化はMRDによる

リ・デザイン・ソリューション事例
23年分の豊富な実績と経験値を持つMRDだからこそ、
企業様・士業様のさまざまな課題解決が可能です。まずは、お気軽にご相談ください。

23年の間に多くのお客様に支えられた多数の実績がございます。まずはお気軽にご相談ください。すぐに駆けつけます。

お電話でのご相談・お問い合わせ 080-4174-2302 (9:00~18:30 年中無休)

Webからのご相談・お問い合わせ お問い合わせ