第2回 春風一刀勉強会「赤坂一刀流」@赤坂会館6階稽古場

第2回 春風一刀勉強会「赤坂一刀流」@赤坂会館6階稽古場

春風一刀:「一目上り」
春風一刀:「庭蟹」
―仲入り―
春風一刀:「明烏」

2回目も参加しました。一刀さんの勉強会「赤坂一刀流」。今後、前座噺、二つ目噺(普通のネタ?)、トリ(で使える大きな)ネタの3部構成でやっていくとのこと。前回のときよりも痩せたなーと思っていたが、実際5kg落としたそうです。白酒師匠のように丸っこい体型が似合う落語家さんもいるけど、個人的には一刀さんにはしゅっとしたイメージがあるので、それが体型にも表れると良いなと感じています。

開口一番は「一目上り」。二席目は何度も聞いている「庭蟹」。聞くたびに、こなれて自分のネタにしてきているなとわかるのがファンとしてはうれしい。

仲入り。「おなかいりぃ~」の掛け声は。先日二つ目に昇進したばかりの桃月庵こはくさん。良い声。

マクラで一刀さんが「(こはくさんが)ここまで上手くなるとは…」と脅威に感じてるようなことを仰っていたし、このよく通る良い声だし。白酒師匠のお弟子さんだし、こないだの「壽 はまぐり改め桃月庵こはく二ツ目昇進披露の会(内幸町ホール)」に行きたかったが行けなかったし(相当良い会だったらしい。がっでむ!)、一刀さんと同じくらい追いかけてみようと思っています。

トリネタは「明烏」。小痴楽さんの鯉昇師匠からの「明烏」とは違う。一刀さんのは一朝師匠直伝の。それにしても小満ん師匠の物真似、クオリティ高かったなぁ。超似てた。菊之丞師匠の圓生師匠と彦六師匠の物真似くらい似てた。

ふっと気が付くと、歯がゆい気持ちになって見てしまっている聴いてしまっているのだが、それは俺の方に原因があった。よく考えてみよう。一刀さんは二つ目になってまだ半年くらいしか経っていないのだ。そうなのだ。二つ目成りたてほやほやなのだ。最初の出会いが強烈過ぎて、どうも、そうは思えなくて、ついつい、一之輔さんや菊之丞師匠やなんかと比べて見てしまう。いかんいかん…。

ただ、いずれセンスだけでは食べていけなくなるときがくる。これは落語家稼業に限ったことではない。だから職業人は、日々稽古(練習・訓練・トレーニング)は続けなければいけない。ダメになったり、ヘタくそになったり、落ちぶれていくのは簡単だ。あ!っという間なのだ。だからこそ、危機感と矜持を抱いて稽古(トレーニング)しなければいけない。地位や名誉やお金を獲得したければそうなのだ。若い世代には本当に頑張ってほしい。センスに溺れないでほしい。(刺激を受けて俺もがんばろう!)

 

で、落語。各世代におもしろそうな落語家さんたちがいるが、わん丈、小はぜ、一刀、小もん、一花、こはくさんたちの世代にもワクワクする。大きくはじけてくれそうだし。何はともあれ、6月29日(金)の「一刀、小もん、こはく勉強会」@落語協会二階が楽しみだ。

【募集中】解決したい案件を募集しております【謝礼進呈】

 

ビジネスの困りごと、リ・デザインで解決します。お気軽にお問い合わせ下さい。相談無料です。

 

また、案件のご紹介も随時募集しております。ご紹介いただいた方には、ビジネス成約後、謝礼を差し上げます。 

 

【解決して欲しいこと。困っていること。例えば・・・】

ホームページとパンフレットの制作を同時にやってくれることろを探している/コンセプトから考えてほしい/顧客を増やしたい/売り上げを上げたい/SNSを宣伝やビジネスに使いたいがどうしたらよいかわからない/企画するなどの人材がいない/ホームページを直したい/お客様に企画を提出したいがアイデアがない/商品を改善したい/技術を新領域、新市場で活かしたい/マーケティング計画を立てたい/まずはヒアリングしてほしい/アイデアの種はあるが、どうやってビジネスにできるかまではわからない/商品や食材が余って困っている/人を集めたい等々。貴社のビジネス上の課題・悩みをお聞かせください。

 

MRDに詳しく教えてください。秘密は守ります(秘密保持契約)。企画して改善策をご提案しますし、豊富なMRD人脈から最適な人・企業をご紹介する(コーディネートする)ことで解決できるかもしれません。通り一編のやり方ではなく、それぞれの状況・条件に応じた最適な解決策をご提供し、実行したいと思います。まずは、ご連絡ください。お話ししましょう。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

信頼されて20年。全力で解決をお手伝いします。企画するだけ・企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。