貝印の見事なコト化ビジネス@伊勢丹新宿店

本日の遅めのランチは「Kitchen Stage」。2007年に伊勢丹新宿店B1フロアにオープンし、2012年春からはKai House(貝印株式会社)が運営している、いわゆるデパ地下の飲食スペースだ。

 

と思っているようでは、まだ半分程度の理解。貝印の見事なコト化ビジネスだ!と認識した方がいい。マーケティング的には。

 

ここでは、 2~3週間ごとにさまざまなジャンルの人気料理人や料理研究家たちが考案したメニューを提供している。有名店のシェフ監修のレシピが実際に味わえるという趣向だ。実美見事なビジネスモデル。

 

今は2月21日(水)~3月13日(火)まで、丸の内<イルギオットーネ>オーナーシェフ 笹島保弘氏の回。「イタリアの中の京都州」をコンセプトに、京野菜をふんだんに使用したリストランテらしい。伊勢丹顧客層に受け入れられやすい店選び。

 

 

【前菜】

焦げちゃった!! 蟹クリームコロッケ

寒ブリのタルタル蕪蒸し仕立て

 

【メイン】パスタもしくはリゾットより選べる

(パスタ)

海老と九条ネギの軽いトマトソースのタリオリーニ 京七味風味

(リゾット)

鶏といろんな京野菜の豆乳フリカッセ グリーンリゾット添え

 

【デザート】

温かいチョコレートスフレ 抹茶ジェラート添え (別料金)

 

我々は白ワイン。デザート共に珈琲。

 

ガラス張りなので伊勢丹地下を行きかう人々の視線もきにしながらの時間だが、なかなかそれも稀有で楽しい。

 

レシピは公開。リーフレットに書いてあるから、腕に自信のある人なら家で真似することも可能。レストランでは貝印のトングなどを物販もしている。

 

これぞまさしくコト化、コト販売。モノ販売の限界点を突破するには、このようなコト化が必須。貝印さんはわかってるなぁ。ぜひ、永遠に続けてください。

 

お客としての興味は勿論、どんな部署の人たちが、どんなスキームで企画運営しているのか。商売柄、そっちのほうも気になって仕方がありませんでした。いつか、こんなビジネスを手がけられたら楽しいなぁ。にしても次は、広尾の懐石・会席料理 「分とく山(わけとくやま)」のレシピですよ。これも味わいたくなるよなぁ。

 

【募集中】解決してほしい案件を募集しております【謝礼進呈】

 

ビジネスの困りごと、リ・デザインで解決します。お気軽にお問い合わせ下さい。相談無料です。

 

また、案件のご紹介も随時募集しております。ご紹介いただいた方には、ビジネス成約後、謝礼を差し上げます。 

 

【解決して欲しいこと。困っていること。例えば・・・】

顧客を増やしたい/売り上げを上げたい/SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がどうしたらよいかわからない/企画するなどの人材がいない/ホームページを直したい/お客様に企画を提出したいがアイデアがない/商品を改善したい/技術を新領域、新市場で活かしたい/マーケティング計画を立てたい/まずはヒアリングしてほしい/アイデアの種はあるが、どうやってビジネスにできるかまではわからない/商品や食材が余って困っている/人を集めたい等々。貴社のビジネス上の課題・悩みをお聞かせください。

 

MRDに詳しく教えてください。秘密は守ります(秘密保持契約)。企画して改善策をご提案しますし、豊富なMRD人脈から最適な人・企業をご紹介する(コーディネートする)ことで解決できるかもしれません。通り一編のやり方ではなく、それぞれの状況・条件に応じた最適な解決策をご提供し、実行したいと思います。まずは、ご連絡ください。お話ししましょう。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

信頼されて20年。全力で解決をお手伝いします。企画するだけ・企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。