あラやしきスペシャル@町屋

あラやしきスペシャル@町屋

 

春風亭一猿:「弥次郎」

柳家小太郎:「首提灯」

春風亭一蔵:「転宅」

―仲入り―

春風亭一蔵:「のめる」

柳家小太郎:「不動坊」

 

初めていった「あラやしき」しかも、今回は年に一度のスペシャル版。来年から「あラやしき」は、この町屋ムーブで行うそうです。

 

前座は一猿さんで「弥次郎」。期待の前座さん。でも、時計をちらちらちら見するところがなければなぁ、もっとなぁ…。そこだけ残念。

 

小太郎さんは「首提灯」。グロい噺をグロく見せないところが、この噺の真骨頂。怪談噺好きってイメージがあったからだろうか。俺の中では若干のグロさ払拭できず。難しい噺なのではないかと推測。小太郎さんは、この手の馬鹿馬鹿しいナンセンスな(落語らしい)ネタが好きなのだろう。

 

久しぶりに聞いた一蔵さん。「転宅」。なんか上手くなってたなぁ。すごいな。一蔵さんのおかみさんが、おかみさんにみえる。京塚昌子に。そして、相変わらず声量は落語界随一。マイク不要。マイクあり会場で最前列は、ちとキツイのではないか、ってくらいの音声量。マイクなしの「くがらく」でもまったく問題はないだろう。

 

特製手ぬぐい50本があっという間に完売の仲入り挟んで、一蔵さんの「のめる」。さらに音量アップ!だけれども、緩急の付け方とか上手いわぁ。「転宅」よりも、聴き入る。

 

トリは小太郎さんの「不動坊」。うれしさで気もそぞろの吉公の一人きちがいっぷりが笑える笑える。お見事な一席。

 

はねてからは、くがらくメンバー・常連さんたちと、焼き鳥と馬肉を肴に、いっぱい「呑める」。

 

12月10日の「とうとうひとり」にも行きたいなあ。

 

この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。