TEN寄席(こみちさん・時松さん・さん若さんの回)

移動が多い一日だった。

 

一日の最後は、らくごカフェで「TEN寄席」。これで〆。

 

柳家こみち:「四段目」

柳家さん若:「愛宕山」

―仲入り―

三遊亭時松:「お見立て」

柳家こみち:「姫様と海」

 

 

真打昇進を前にして新しい名前を募集中のこみちさん。一席目は「四段目」。相変わらず上手いしきれいな噺運び。

 

ちなみに、新しい名前案ですが、こみち⇒小三治師匠からとって、小三千(こみち)ではどうだろう。もしかして、こみちって名前自体が、小三治からきてるのかな。だとしたら、この案は無だけど。あとは、柳家燕(やなぎや・つばめ)。可愛くてよいと思うんだけどな。燕女(つばめ)でもいい。都葉女(つばめ)とかっていう当て字バージョンもありかも。

 

さん若さんは汗だくになりながら「愛宕山」を爆笑熱演。笑わせて頂きました。この手の一八(いっぱち)は大得意なんだろうなきっと。楽しそうだもの、さん若さん。

 

時松さんは「お見立て」。

 

最後のこみちさんは「姫様と海」。これは三遊亭白鳥さん作「殿様と海」の女性版。こみちさんにとっては「姫と鴨」に次ぐ、姫シリーズの第二弾噺。

 

落語は楽しい。一服の清涼剤。

 

この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。