グリーンホール寄席 柳亭こみち・立川笑二二人会

グリーンホール寄席 柳亭こみち・立川笑二二人会

 

オープニング立ちトーク

立川笑二:「道具屋」

柳亭こみち:「姫と鴨」

―仲入り―

柳亭こみち:「紙くず屋」

立川笑二:「景清」

 

落語会の前の腹ごしらえと言えば、そうです。てんぷらと蕎麦です。最近の俺の傾向。懐かしの高円寺(昔8年間?住んでいた)で降りて、腹ごしらえして環七を北上。これまた懐かしの大和町を過ぎて北上。初めてのグリーンホール寄席。大好きな二人がそろう二人会。必聴体制。

 

ぎこちない二人の(笑)オープニング立ちトーク。笑二さんの若年寄っぽさ(鼻につかないうさんくさくなくていい)とか、母と落語家の両立話とか。

 

まずは笑二さんの「道具屋」。こんなに笑える「道具屋」もないでしょう。さすがは落語の鬼です。隣の先輩道具屋を「成功者」として馬鹿にするところなんて、さすがのアレンジ力です。

 

運動会終わりで駆け付けたこみちさんはお得意の新作古典「姫と鴨」。ちと、お疲れ気味だった印象。

 

仲入り後のこみちさんは「紙くず屋」。声がいい、口調がいい。言い立てや歌の部分は聞いていて惚れ惚れします。きれいな美しい落語。正統派ここにあり。ひとりきちがいのネタだけど、美しいきちがい。

 

笑二さんはトリネタに「景清」。待ってました!聞きたかったのー。

 

笑えるだけの笑二落語しか体験してこなかったので、「景清」を聞いてドキドキ、ヒリヒリした気持ちになりました。目元をぬぐってる人たくさんいたなあ。すごいや、笑二さん。着々と階段を上っている。

 

この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。