日本演芸若手研精会@第423回長月講演

喫茶店「集」@五反田で打ち合わせした午後。夜は、日本演芸若手研鑽会@水天宮前・日本橋劇場へ。柳亭こみちさん主任の回。

 

 

柳家小はぜ:「狸の鯉」

古今亭志ん吉:「七段目」

柳亭市童:「壺算」

桂宮治:「饅頭怖い」

―お仲入り―

春風亭正太郎:「棒鱈」

柳亭こみち:「唐茄子屋政談」

 

 

開口一番は柳家小はぜさんで「狸の鯉」。小はぜさんを聞くのは初めてかな?二度目かな?どちらにしても、今日一番の収穫は小はぜさん。柳家はん治師匠のお弟子さん。上手かったなぁ。めちゃくちゃしっかりしてる。ただ真面目なだけじゃなく、面白み・可笑しみもある。聞かせるし。この人は期待大。

 

久しぶりの志ん吉さんは、これまでとは違って見えた。以前よりもわざとらしさが消えた。どうしても、市馬師匠の「七段目」と比べてしまう。いかんいかん。

 

宮治さんの「饅頭怖い」は相変わらずの。てっちゃんがおかまになるパターン。

 

正太郎さんはマクラで昨日の「謝楽祭」での似顔絵ブースのことを。天どん先生、相変わらず。

 

お目当てのこみちさんは、真打昇進の報告から。聞かせるなぁ、「唐茄子屋政談」。これから始まる真打昇進ストーリーに向けての、よいプロローグだったと思う今夜。この中ではやはり、こみちさんは別格だ。自分の、自身での鍛え方が違う。笑二さんと同じ匂いがする。

 

帰りは連れと、本日開店というお店へ。口開けだー。良い酔い。

 

 

この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。