生誕300年記念 若冲展


9:00。上野駅到着。「平日だし、雨だし、シルバーパスデーの前日だし」と高を括って行ったら、己の甘さに鼻血が。

 

すでに上野駅交番近くまで行列。雨の中、慌てて並ぶも、そのときですでに180分待ち。歯茎がたがた。鼻水だらだら。涙雨。その後、最長で260分待ちの状態に。恐るべし若冲効果。

 

建物内にIN(入館)したのは12:15。建物内でも並ぶこと30分。12:45頃にようやく入場!

 

もみくちゃ、押し合いへし合い、90分かけてじっくり鑑賞。、動植綵絵はほんと圧巻で、一生の思い出に。待ち時間で言えば去年の「鳥獣戯画展」のほうが凄まじかったけど、インパクトと感動は若冲展のほうが上。

 

15:00過ぎに、ようやく遅めのランチ。上野駅構内の「たいめいけん」で。ゆっくり味わっていたら途中で仕事の電話が。結果、急遽、緊急帰宅。うーむ。慌しい。疲労倍増。

 

★マーケティングの視点(1)

 

人気の展覧会は行列が凄まじい。しかし、主催者側はただ並ばせるだけだし、ビジネスモデルも入館料と物販によるものだけだ。頭が古い。もっとビジネス展開に頭をひねるべきだ。

 

コンテンツによっては、何時間待ちも厭わない老若男女が黙って集客できるわけだから、それを収益化に結びつけるよう、努力すべきだと思う。すてきな「三方よし」が生まれるのに、と思う。

 

①待ってる人の時間つぶしで収益化

もっとも単純思考で考えれば、みんな暇だ。退屈なのだ。立って並ぶのは辛いのだ。それを解消するモノを販売すればよい。例えば今日なら傘、合羽、椅子をレンタルする。客は持ち歩く必要がない。例えば若冲(事前)ガイドブック。待ってる間に予習してもらっても良いのだ。何も館内だけで鑑賞後だけに売る法はない。例えば食事。野球場のビールガールのごとく、お客に近寄って行って売ればいい。例えば、独りで並んでいるお客さんのための「トイレ行くときに代わりに並んでおいてあげますよサービス」なんてのもありだ。

 

★マーケティングの視点(2)

 

②待ち時間のコト化で収益化

ただ並ばせておくのではなく、「何時に戻ってきて下さい」の当日整理券方式(時間制チケット)にする。その間、客は自由に過ごすことが出来る。2時間もあれば周囲の動物園や他の美術館、上野や鶯谷、日暮里などを散策できる。アメ横で買い物もできる。美術館のおかげで周辺のエリアにもお金が落ちる。客も楽しむ。文句言われない。win-winだ。まちおこしだ。

 

ひとえに美術館のビジネスモデルが旧態然としているせいだ。収益の独占化を図っているいるせい?囲い込み、利益独占?そんなんではだめでしょう。

 

飾っている絵画は古くてもいい。でも、ビジネスモデルは新しくないとね。問題点が改善されると、そこには大きな市場が待っています。

 


【募集中】解決したい案件を募集しております【謝礼進呈】

 

ビジネスの困りごと、リ・デザインで解決します。お気軽にお問い合わせ下さい。相談無料です。

 

また、案件のご紹介も随時募集しております。ご紹介いただいた方には、ビジネス成約後、謝礼を差し上げます。 

 

【解決して欲しいこと。困っていること。例えば・・・】

ホームページとパンフレットの制作を同時にやってくれることろを探している/コンセプトから考えてほしい/顧客を増やしたい/売り上げを上げたい/SNSを宣伝やビジネスに使いたいがどうしたらよいかわからない/企画するなどの人材がいない/ホームページを直したい/お客様に企画を提出したいがアイデアがない/商品を改善したい/技術を新領域、新市場で活かしたい/マーケティング計画を立てたい/まずはヒアリングしてほしい/アイデアの種はあるが、どうやってビジネスにできるかまではわからない/商品や食材が余って困っている/人を集めたい等々。貴社のビジネス上の課題・悩みをお聞かせください。

 

MRDに詳しく教えてください。秘密は守ります(秘密保持契約)。企画して改善策をご提案しますし、豊富なMRD人脈から最適な人・企業をご紹介する(コーディネートする)ことで解決できるかもしれません。通り一編のやり方ではなく、それぞれの状況・条件に応じた最適な解決策をご提供し、実行したいと思います。まずは、ご連絡ください。お話ししましょう。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

信頼されて20年。全力で解決をお手伝いします。企画するだけ・企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。