用語解説:「ま」行

マーケティングの5Pと5C

マーケティング戦略において、望ましい反応を市場から引き出すために、ツールを組み合わせること、組み合せのことを「マーケティング・ミックス(marketing mix)」といいます。マーケティング・ミックスは、ジェローム・マッカーシーが1960年に提唱した有名な分類「4P」を用いてが語られることが多く、これ自体は企業視点のマーケティングです。4つのPとは

■4P=企業視点のマーケティング
 Product(製品=商品政策)
 Price(価格=価格政策)
 Promotion(販売促進=プロモーション政策)
 Place(販売ルート=流通政策)

その頭文字をとって「マーケティングの4P」または「4P政策」といわれます。また、「マーケティング戦略」という場合にはこの4P政策を指していることが多く、マーケティングの実行段階の戦略に位置づけられます。

さらに、ロバート・ローターボ-ンによって、1993年、顧客の視点による「4C」という分類が生まれました。 これは、4Pが売り手側の視点で捉えられているのに対し、買い手側(顧客)の視点で捉え直そうというものです。4つのCとは

■4C=消費者視点のマーケティング
 Customer Value(顧客にとっての価値=消費者のニーズやウォンツ)
 Cost to the Customer(顧客コスト=顧客の負担)
 Communication(コミュニケーション)
 Convenience(利便性=入手の容易性)

また、4Pと4Cはそれぞれ以下のように対応しています。下記のようにお互いが対になるものであり、企業側の視点か消費者側の視点かどうかの違いです。

 Product(製品) ⇔ Customer Value(顧客にとっての価値)
 Price(価格) ⇔ Cost to the Customer(顧客の負担)
 Promotion(販売促進) ⇔ Communication(コミュニケーション)
 Place(販売ルート) ⇔ Convenience(入手の容易性)

コードネームでは、4P/4Cは昔の考えで、いまは「5P/5C」だと思っています。

[ 5P ]企業視点


Product(製品)

Price(価格)

Promotion(販売促進)

Place(販売ルート)

People(人々)

[ 5C ]消費者視点


Customer Value(顧客にとっての価値)
Cost to the Customer(顧客の負担)
Communication(コミュニケーション)
Convenience(入手の容易性)
Community(地域社会)



4P/4Cではなく、5P/5C。一番最後に追加した、People(人々)とCommunity(地域社会)が欠かせなくなってきていることを痛切に感じているからです。


マスでの考え方(マスメディア、マスプロモーション)が持てはやされた時代は終わりを告げようとしています。今後は個人個人の考え・立場を尊重しながらの、地域単位での地域共生・共有・共感・共育のマーケティング活動が主流になってきます。

【募集中】解決したい案件を募集しております【謝礼進呈】

 

ビジネスの困りごと、リ・デザインで解決します。お気軽にお問い合わせ下さい。相談無料です。

 

また、案件のご紹介も随時募集しております。ご紹介いただいた方には、ビジネス成約後、謝礼を差し上げます。 

 

【解決して欲しいこと。困っていること。例えば・・・】

ホームページとパンフレットの制作を同時にやってくれることろを探している/コンセプトから考えてほしい/顧客を増やしたい/売り上げを上げたい/SNSを宣伝やビジネスに使いたいがどうしたらよいかわからない/企画するなどの人材がいない/ホームページを直したい/お客様に企画を提出したいがアイデアがない/商品を改善したい/技術を新領域、新市場で活かしたい/マーケティング計画を立てたい/まずはヒアリングしてほしい/アイデアの種はあるが、どうやってビジネスにできるかまではわからない/商品や食材が余って困っている/人を集めたい等々。貴社のビジネス上の課題・悩みをお聞かせください。

 

MRDに詳しく教えてください。秘密は守ります(秘密保持契約)。企画して改善策をご提案しますし、豊富なMRD人脈から最適な人・企業をご紹介する(コーディネートする)ことで解決できるかもしれません。通り一編のやり方ではなく、それぞれの状況・条件に応じた最適な解決策をご提供し、実行したいと思います。まずは、ご連絡ください。お話ししましょう。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

信頼されて20年。全力で解決をお手伝いします。企画するだけ・企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。