用語解説:「さ」行

ステルス・マーケティング

ステルス・マーケティング(Stealth Marketing)とは、消費者に宣伝と気づかれないように宣伝行為をすることです。


例えば、影響力のある芸能人やブロガーが報酬を得ていることを明示せずに、第三者的な立場を偽装して、特定の企業や製品について高い評価を行うことで、いわゆる「やらせ」であり、倫理的に非常に問題があります。


「広告」と銘打たずに、いかにも自然な記事として告知宣伝するのも問題ありで、「タイアップ広告」も、一歩間違えばステルスと認識されかねません。


この行為はユーザーを騙している点で、消費者団体などから非難を受けることがあります。また当然、「やらせ」が発覚すれば消費者からの信用を失うことにもなります。


このようなことから最近では、商品を紹介する影響力のあるブロガーは、その商品が企業から報酬を得ているのかを明示する者も出てきている。これは「ブロガー・キャンペーン」などと言われる広告手法でもあります。


大好きな芸能人が使っているから、自分も真似をして同じ商品を使ってみたいという購買動機は非常に強く働きます。しかし、それ自体が実は巧妙に仕組まれた広告戦略の一種だとしたら・・・。


クチコミ・マーケティング、バズ・マーケティングなどの手法(言葉)も生まれて、広告とやらせの境界線は、ますます曖昧になりつつあります。


ちなみに、クチコミを利用したバズマーケティングを推進する米国の業界団体「WOMMA(Word of Mouth Marketing Association)」はステルス・マーケティングに反対の立場を取っていて、倫理基準として次の3つを掲げて規定しています。


1)「関係の正直さ」:消費者に対しマーケッターとの関係や金品の授受を明かすなど

2)「意見の正直さ」:消費者に何を言うかを強制しないで、消費者の個人的な意見にゆだねるなど

3)「身元の正直さ」:消費者に対して身元をぼかしたり誤解を誘うようなあいまいな表現をしないなど


曖昧な境界線を越えることは簡単ですが、広告を企画し、実行する側の人間は、気をつけなければいけません。身元や宣伝であることを隠して消費者を騙す行為は絶対にしてはいけません。


この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。