用語解説:「さ」行

ショールーミング

商品を店舗で確認して、ECサイトで購入する消費行動の事。


典型的な例が、家電量販店で実物を見て、購入はインターネット上で行う行為。スマートフォンの普及により店頭での最安値の確認が可能になった事が大きいです。


ネット購入の方が実店舗で買うより安い場合が往々にしてある/ネットで見つけた気になる商品を実際に実店舗で確認できる(事前体験して確かめてから買える)/amazonのレビュー等にある実際の購入者の意見を確認してから決断できるなどが、買う側のメリットです。


一般消費者にとってはメリットばかりのように思えますが、欠点もあります。返品がやりにくい/いざというときの保証が弱い/オンラインショップを利用できない高齢層も多い/手に入れるまでの日にちがかかる(衝動的な欲求、いわゆる衝動買いには向かない)などです。


ショールーミングは消費者に浸透し、多くの小売業者を悩ませています。特に価格競争になれば、実店舗を持たないECサイトの方が圧倒的に強いからです。


しかし、リアルにも強みはあります。消費者(生活者)とメーカーや生産者を結ぶことができるのは、リアルの売り場だけだからです。


ネットの台頭はリアル店舗の在り方を見つめ直す好機でもあると捉え、敵対するのではなく、ネットとリアルの融合を目指すべきだと考えます。


この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。