用語解説:「か」行

CSR(コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティ)

CSR、コーポレート・ソーシャル・レスポンシビリティ(Corporate Social Responsibility)とは、日本では一般的に「企業の社会的責任」と訳されます。

 

企業は事業活動を行うにあたり、取引先・消費者・株主・従業員・地域社会など各関係者(これらをステークホルダーと言います)とさまざまな形で 関わりを持っています。その大きな関わりの中で生存しています。生計を立てています。そのような「"事業活動を行う上で関わりあう各関係者"に対し て、どう関わり、何をしていくか」が問われるようになったことで、CSRという言葉・概念が生まれてきました。

 

企業は今までも社会貢献してきたのでは?と思われる人もいるでしょう。各関係先に対し、責任ある行動を行い、社会的課題に応え、信頼関係を築いて いくという点では、決して新しい考えではありません。CSRは、そのような従来からあった経営理念やコンプライアンスを、今日の社会において、より大 局的な視点から責任の重要性を説いていると言えるでしょう。

 

企業を、より深くより幅広く"社会の構成員"として位置付けることで、企業は各関係先との間で責任ある行動をしていくべきであるという考えです。 企業は利益を上げるものです。利益を上げなければ存続できない集合体です。しかしどんなに利益を上げても社会から信頼されない企業は、社会の中で存続で きません。過激に言えば、そんな企業は抹殺されていくでしょう。

 

かのドラッカーも、利益は企業の存続の条件であり、目的ではないと言っています。企業の目的は「社会貢献」であると。

 

企業の利益=社会の利益

 

ミウラ・リ・デザインでは、これが正しい関係式であると信じています。

 

この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。