用語解説:「か」行

義援金と支援金

みなさんは寄付金には「義援金」と「支援金」とがあること、その違いをご存知でしょうか。


義援金とは、日本赤十字社(日本において赤十字活動を行う唯一の団体。特殊法人)か、赤い羽根で有名な中央共同募金会の2つの団体に集められるもの。2011年3月20日時点では223億円の義捐金が集まっていたそうで、これは阪神大震災の比べても相当の速いペース。


ところが街頭募金や企業、団体等を通して集められたお金、こうした義援金は2団体を通じて、次に被災者代表や学識経験者で構成される『義援金配分委員会』に送られます。そこで被災者への配分額が協議されます。


被災者の総数、全壊か半壊かなど各人(各戸)の被害状況を把握し、それに応じて平等に分配せんがためです。たいへん公平なお金の使われ方です。公平さを期するあまり、お金が被災者に届くまでには数ヶ月も要してしまうと言うジレンマが生まれています。


一方、支援金は被災者支援のために活動しているNPO 団体、ボランティア団体へ流れて行くお金です。

これらの団体が「必要だ!」と考える人たちに支給されるお金です。支援金は各団体によってガソリンや食料品、おむつ、文具など物資に姿を変えて、必要な人に配られていきます。即効性を考えるなら、この支援金の方が友好な手段です。


その反面、団体によって使われ方が違ってきますので、どのような活動をしている団体なのかを事前に把握しておく必要があるでしょう。


この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。