用語解説:「か」行

御用聞きビジネス

「サザエさん」に出てくる三河屋さん(酒屋)の営業スタイルが、まさに御用聞きビジネスであり、その典型です。1950~60年代、日本に高度成長期が訪れる前は、この手の御用聞きが当然のようにありました。商店の店員が自転車で町内の家庭に注文を聞いて廻った営業スタイル。昔は自転車、いまは原付。


その「御用聞きスタイル」がいま、また見直されてきています。


少子高齢化がその一因です。現在の御用聞きは、お年寄り夫婦の家庭や、独居の老人家庭を主な対象にしています。そのうち、一般家庭にも普通に浸透してくるかもしれません。


生活者との接点を確保し、コミュニケーションし、というのが今後のビジネスのキーになるからです。生活者を購入者に行動変容させるためには、待っていても来てくれません。企業やお店から出向いていくのが当然になるでしょう。


商店街の復活はもちろん、大企業にとっても、今後は「御用聞きビジネス」が、欠かせないキーワードになると思います。

この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。