用語解説:「か」行

コーポレート・マーケティング

自社の商品を売るために、より良い優れた商品を作って売ろうという(言葉は悪いですが安直な)マーケティング手法が「プロダクト・マーケティング」。その対極(正確には、ワンランク上の階層に位置する)にあるのが、『コーポレート・マーケティング』です。


コーポレート・マーケティングとは、自社の商品やサービスをもってお客様に尽くす・貢献する・お客様のためになることをするという考え方です。お客様の価値向上・生活向上を第一義に考え、その結果としての企業価値(企業ブランド)向上を目的とします。


企業の利益が社会(お客様全体の利益)の利益になるという考えですが、最近良く耳にする「CSRマーケティング」と似ています。似ていますが、決して同じではありません。「社会的責任」と「企業がそもそも掲げる根本理念・事業の発端」をイコールとみなすことは難しいからです。


重要なのは、通常の商品やサービス、通常の営業活動が会社の利益を生み、ひいてはそれが社会の利益になるという点です。本業は本業、CSRは CSRという、表層的な考えでは決して成り立ちません。環境保全などの活動は、免罪符的な意味合いが強いと思われます。あくまでも、日常的な業務=企業の利益=社会の利益となってはじめて、『コーポレート・マーケティング』です。


近江商人の考え「三方よし」の21世紀バージョンこそが、コーポレート・マーケティングではないかと考えています。


この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。