用語解説:「か」行

コンパクトシティ

郊外の住宅地開発が盛んだった日本の都市(特に地方都市)は、郊外の住宅地開発に比例して、中心市街地の空洞化現象(ドーナツ化現象)が顕著になった。


特に地方都市は、鉄道網が不十分な自動車中心社会化が進み、郊外へ巨大ショッピングセンター(今で言うと例えばイオン)が建設され、国道やバイパス沿いにロードサイド型店舗やファミリーレストラン、ファーストフード店などの飲食店が出店した。


商業施設の進出につられるように、公共施設・大きな病院も広い敷地を求めて郊外に移転。ますます、市街地から人口が流出した。


そもそも旧来からの市街地は街路が未整備で車社会への対応が不十分だったり、土地の権利関係が複雑で開発が難航、魅力的な店舗が出店してこない、旧来の店舗の時代への対応の遅れ、商店主たちの高齢化など様々な要因から、衰退していった。


都市郊外化・スプロール化を抑制し、上記のような課題を解決するために、市街地のスケールを小さく維持、歩いて楽しめる・活動できる範囲を生活圏として、コミュニティの再生や住みやすいまちづくりを目指そうとするのが「コンパクトシティ」という発想。

この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。