用語解説:「か」行

コンバージョンレート(CVR)

モノやサービスを販売するeコマース(電子商取引)サイトでは、いくら訪問者数が多くても、実際に商品が売れなければ意味がありません。コンバージョンレート、英語で表すとCVR。 Conversion Rate

これは、インターネット広告の成果を表す指標の一種で、Webサイトを訪れたユーザーのうち実際に商品を購入してくれたユーザーの割合のことです。

 

CVRで成果とされる内容は、その商品やサービスによって違います。物販であれば上記のように商品購入に至った割合ですし、会員登録数(割合)を成果とすることもあります。

例えば、ある広告を経由して訪れたユーザー1000人のうち、実際に商品を購入したユーザーが50名いたとすれば、その広告のCVRは〔50÷1000=0.05〕で5パーセント、ということになります。

 

コンバージョンレート算出・比較の例    

コンバージョンレートは、トップページや商品紹介ページの、一定期間内のコンバージョン件数を、同じ期間内のアクセス数、またはユニークユーザー数で割って算出します。


またインターネット広告などを利用した際は、獲得できたコンバージョン数を、各広告ごとに獲得できたクリック数(=ウェブサイトへのアクセス数)で割ってコンバージョンレートを算出し、それぞれの広告のコンバージョンレートを比較することができます。

コンバージョンレート値を利用したメール広告の費用対効果シュミレーション例

自社サイトのコンバージョンレートを把握すると、いろいろな試算ができるようになります。


例えばメール広告を出稿する場合、平均的クリック率が1.7%で、配信単価が10円のメール広告媒体を利用するなら、自社サイトのコンバージョンレート値を利用して、このメール広告媒体の利用が費用対効果に見合いそうかどうかをシュミレーションすることができます。


この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。