用語解説:「あ」行

オムニ・チャネル・リテイリング(Omni Channel Retailing)

リアル店舗、テレビなどのマス媒体、通販サイト、ウェブサイト、DM、SNSなどのソーシャルメディア、携帯・モバイルデバイスなど、顧客とのあら ゆる接点(オムニチャネル)を持ち、それらを統合して、統一感のある、より快適な買い物体験を顧客に提供しようという概念のこと。


無数の販売チャネルを通じて、顧客に最もあう形で買い物体験を再構築しようとするマーケティング戦略のこと。


顧客の買い物利便性向上・機会ロスの削減・チェックアウトの時間短縮・廃棄ロスや在庫管理の手間削減などの利点があると考えられます。


ちなみにマルチとは複数、オムニとは全部という意味。


まぁ、こんな戦略以前に、企業としての目的・ブランドをしっかり考えて共有するという作業の方が尊く、価値が高いと考えますがね。


この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。