■2017年03月号 三越伊勢丹の再生。MRDならこうする


最近、百貨店に行きましたか?

 

 

ブランドの回帰が重要。

三越は三越らしく。

伊勢丹は伊勢丹らしく。

 

 

■百貨店のいま

 先日、三越伊勢丹ホールディングス(HD)代表取締役社長執行役員の大西洋氏が辞任するというニュースが流れました。業績が思うように上がらなかった、悪化していることの責任をとって、大西氏が退く形だそうです。

 

■三越伊勢丹の再生。MRDならこうする(1)

 まず、三越伊勢丹HDになってから希薄になってきたそれぞれのブランドの回帰を図ります。「三越百貨店」は以前以上に三越らしく。「伊勢丹百貨店」は以前以上に伊勢丹らしく、原点回帰させます。三越伊勢丹HDになってからの、“足して二で割る”ようなブランドの平均化ではなく、お互いの過去・歴史・性格をちゃんと活かし、まったく違う百貨店(合併前はそうでした)として機能させます。性格の真逆なブランドを2つ持つ感覚です。

 

■三越伊勢丹の再生。MRDならこうする(2)

 負債解消のため店舗は整理縮小・再編成します。三越側だけでなく、伊勢丹側の店舗も絞り込みます。その上で、都内・大都市では三越百貨店・伊勢丹百貨店の大看板で勝負。それ以外の郊外では三越伊勢丹HDが経営するまったく違う新業態の店舗を展開させます。若手グループに企画運営マネジメントを任せます。若い社員さんたちのやる気と発想力を活かすのです。伝統を守りつつ、攻め(新展開)も忘れてはいけません。“企業は人”ですから。

■三越伊勢丹の再生。MRDならこうする(3)

 その上で、「三越百貨店」は徹底して【外商】に注力します。 外商員は、お得意様と呼ばれる上顧客の家へ足を運び、商品をお奨めしたり、時には相談にのったり、注文を受け販売したります。ここに徹底的に注力します。「高級百貨店と言えば三越」と言うブランドを再生させます。ステイタス、憧れの存在再び!です。高級・シニア(60歳代以上)・高所得層を狙い撃ちします。

 

■三越伊勢丹の再生。MRDならこうする(4)

 一方で「伊勢丹百貨店」は50歳代以下を狙い、“ファッションの伊勢丹/流行の伊勢丹”を復活させます。バリバリにライフスタイル提案型の展開を行います。時代を先取りした。今風の・未来志向の、です。

 

■市場の前に、まず社員さん

 こうして、まったく違うカラーの2ブランド+そのどちらにも染まらない新業態を3本の矢、トライアングルで展開させることで、まず社員さんたちが活気とやる気を取り戻してもらいます。何はともあれ内部の原動力(働き手)を活性化させないことには再生は不可能です。市場を得る・お客様楽しませる・買っていただくの前に、まず誰と向かうかを明確に。第一義的に見て、会社は社員さんたちのモノですからね。このようにMRDでは、ブランド再構築のご提案もできます。(終)



三越 伊勢丹 社長 辞任」 ←こちらの単語で検索してみてください。


この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。