■2016年11月号 一点突破で顧客を掴む方法


普通からの脱却。

一点突破で顧客をつかむ方法

~街で選ばれるために~

 

お客さんからは、意外に、みんな同じに見えています。

 

一点突破で成功するための三点

一 オリジナルな要素があるか。 =競合優位点は?

二 そのポイントは、お客さんにわかりやすいか。 =表現は?

三 そのポイントは、お客さんに伝わっているか。  =PRは?

 

→ すでに、何でもそろっている百貨店の時代は終わりました。これからは「何でも」ではなく、【これだけは】の時代です。今回は、そんな“一点突破”のお話。

 

■売り(特徴)がはっきりしていると人気

 百貨店に限らず、守備範囲の広い言わゆる“メニューが豊富な居酒屋”も流行らなくなりました。居酒屋業界では今は『鳥貴族』通称、トリキのような一点突破な業態が人気です。一品の単価が安いだけではなく、特徴がはっきりしているから選ばれやすいのです。人気の海鮮居酒屋『磯丸水産』もお店の売りが明確。新鮮な魚介を“浜焼き形式”で提供するのが特徴です。『串カツ田中』は創業7年で上場するほどの勢いです。もちろん、売りは串カツ。実際串カツ以外のメニューも豊富ですが「串カツなら田中」というイメージで人を惹き付けています。

 

■一点突破性は、ますます激しく

 人気のお店は外観もはっきりしていて外から店内が見えやすく、老若男女、2人でも団体でも入りやすいのも共通点。また一点突破化は、これに留まりません。例えば大阪発信の“とろさば”料理専門店、その名も「SABAR(サバー)」は大人気で東京にも出店中。徹底した鯖のアレンジ料理を提供してくれるユニークさがうけています。初台にあるのは長ネギ料理専門店。おつまみからデザートまで全料理に長ネギを使用している徹底ぶり。このように個性の一点突破化は、今後ますます激化するでしょう。

 

■なぜ一点突破が良いのか

 「守備範囲が広い=何でもそろっている」ことから人が連想するイメージは・既知・経験済・平均点。一方、突出した個性には・未知・未経験・期待・ワクワク感が伴います。だから惹かれてしまうのです。「このお店でしかできない体験ができそう」と思わせてこそ、人を動かすことができます。モノよりもコト化!!

 

■選んだ自分をアピールする楽しみも

 成熟した現代、お客さんたちの目は肥えてきています。飲食店でも病院でも美容院でも、洋服や食べ物を買うのでも、選択肢が無数に用意されています。そんな状況下で普通のお店は選ばれません。お客さんは「買うことの楽しみ」に加え、「選ぶことの楽しみ/伝えることの優越感」を知ってしまったからです。

 

■写真をSNSへ投稿する=選んだ証拠

 インスタグラム(写真投稿SNSサイト)に写真を投稿する人の急増がその証拠です。自分の食べたもの・行った先・体験したコトなどをアップし、「選んだ私」を主張するわけです(一般的には共有と呼ばれます)。投稿される基準は一点突破された、群を抜いた個性。飲食店であれば、“写真に撮られるほどの個性”を持とうと過剰な盛り付けや人目を引く飾りつけ等で「写真に撮られよう」と必死です。その一点を突破口に、SNSで宣伝して欲しいわけです。これからの時代の中での個性の出し方、表現の仕方、作戦等についてはMRDにお気軽にご相談ください。(終)



個性 居酒屋」 ←こちらの単語で検索してみてください。


この仕事を20年やってきた結論です。「解決できない課題・問題はありません。必ず、方法があります。」

 

 

顧客を増やしたい。売り上げを上げたい⇒MRDが診断し、改善策をご提案します。

SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がいない⇒MRDの各種代行サービス(ブログ、ツイッター、中の人)をどうぞ。

一緒に市場を広げたいパートナー企業も募集中です。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

「商品を改善したい」「技術を新領域、新市場で活かしたい」「この課題が解決できると助かる」など。貴社の課題・悩み・問題をお聞かせください。企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

信頼されて20年。全力で解決のお手伝いをいたします。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。