2018年05月号 残るサービス、廃れるサービス。


ネット時代に

残るサービス、廃れるサービス。

 

 

インターネットやITの普及が変える

ライフスタイル、ビジネスのスタイル。

 

 

■どこでも映画館。選び放題

 先日、Amazonの「Fire TV Stick(4,980円)」を購入しました。これはHDMI対応のテレビ(ディスプレイ)に挿して、映画や動画、ゲームを楽しむためのデバイスです。HDMI端子対応テレビ、インターネットのWi-Fi環境があれば、どこでも映画や動画、ゲームを楽しむことができます。4,980円出せば、多くの映画やドラマを家に居ながらにして選び、鑑賞することができます。

 

■レンタルビデオ店舗の受難

 ネットフリックスやHulu(フールー)、アマゾン・プライムビデオなどネット動画配信サービスが浸透し、レンタルビデオ店に借りに行ったり、返却しに行ったりが必要なくなってきました。代表的DVDレンタル店「TSUTAYA」は相次いで閉店。日本経済新聞社の調べによると、昨年3月以降に少なくとも43店が閉店しています。競争激化で不採算となった「リアル店舗」の整理を進め、近所のTSUTAYA下高井戸店のようにレンタル面積を半分にして、残りの半分をフィットネス事業(ツタヤコンディションニング)にするなど対策を急いでいます。

 

■テレビ離れは世界の出来事

 同じように世界各国でテレビ離れの傾向にあります。テレビの場合はテレビ局が放送したいと考える番組(=動画コンテンツ)しか私たちの元には届きませんし、番組の数量も時間も限られています。電波を利用して地上波放送を行う場合(放送局の開設を行なう場合)には免許が必要ですから、誰でも番組を流す(放送すること)はできません。限られた一部の企業の特権です。一方、ネットの中には番組は豊富ですし、時間の制約もありません。好きなときに視聴可能です。コンテンツ配信に地上波のような特殊な事業社免許は不要です。言い換えれば誰もが“ひとりテレビ局”になることができます。

 

■ネット時代の小売業

 言わずもがなの書籍をはじめ、ネットで調べてネットで注文~配送の波はあらゆるサービス市場において拡充されていくでしょう。では、ネット通販が全盛の時代でも存在意義があるリアル店舗とは何か。販売だけならネット通販の圧倒的な品ぞろえには勝てません。どうすれば?

 

■リアルな場でしか買えないもの、体験

 それはパソコンモニター越しでは体験できない体験。肌感覚、触感、匂いであったり食感です。五感のうち触覚・味覚・嗅覚を刺激するモノやコト。「わざわざ行って見なければ景色」も“リアルな場でしか買えない”コトです。アイデアと企画力があれば、ネット時代でもモノが売れます。困っていることがあればお問い合わせください。(終)



Fire TV Stick←こちらの単語で検索してみてください。


【募集中】解決してほしい案件を募集しております【謝礼進呈】

 

ビジネスの困りごと、リ・デザインで解決します。お気軽にお問い合わせ下さい。相談無料です。

 

また、案件のご紹介も随時募集しております。ご紹介いただいた方には、ビジネス成約後、謝礼を差し上げます。 

 

【解決して欲しいこと。困っていること。例えば・・・】

顧客を増やしたい/売り上げを上げたい/SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がどうしたらよいかわからない/企画するなどの人材がいない/ホームページを直したい/お客様に企画を提出したいがアイデアがない/商品を改善したい/技術を新領域、新市場で活かしたい/マーケティング計画を立てたい/まずはヒアリングしてほしい/アイデアの種はあるが、どうやってビジネスにできるかまではわからない/商品や食材が余って困っている/人を集めたい等々。貴社のビジネス上の課題・悩みをお聞かせください。

 

MRDに詳しく教えてください。秘密は守ります(秘密保持契約)。企画して改善策をご提案しますし、豊富なMRD人脈から最適な人・企業をご紹介する(コーディネートする)ことで解決できるかもしれません。通り一編のやり方ではなく、それぞれの状況・条件に応じた最適な解決策をご提供し、実行したいと思います。まずは、ご連絡ください。お話ししましょう。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

信頼されて20年。全力で解決をお手伝いします。企画するだけ・企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。