2017年08月号 インスタ、してますか?


インスタ、してますか?

 

「写真を撮るコト」が、ますます、生活者の行動を左右する時代に。

「写真に撮られるコト」が、ますます、売り上げを左右する時代に。

 

 

2016年12月号で「1億総カメラマン時代の法則」を書きました。今月は、その続編?とも言えるお話。

 

■インスタグラムとは?

 Instagram(インスタグラム)は、無料の写真共有アプリケーションソフトウェアであり、世界中のユーザー数が7億人以上という大人気SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。インスタ抜きに現代のマーケティングは語れません。

 日本における月間アクティブユーザーは約1600万人。とりわけ10~30代の女性を中心に人気が高く、マスコミは各芸能人のインスタを張っていて、そこからの情報をもとに記事を書いたり、取材攻勢をかけたり。有名人にとってはTwitter以上の情報の発信源です。

 

■インスタ映えとは?

 若い女性にとっては「インスタ映え」という言葉がキーワードです。インスタ映えとは、“インスタグラムに投稿された写真群の中で目立つ・際立つ”という意味です。インスタ映えする写真は、ユーザーたちから多くの“イイね”(=賛同・名誉・SNSで他人に認められたい承認欲求・価値感共有)を獲得できるわけで、インスタ映えする写真を撮影できる・できないが、彼女たちの行動を左右すると言っても過言ではありません。例えば飲食店では、あえて見た目が派手なスイーツをつくり出し、それを集客に使います。インスタで撮りたいニーズに応えることが、売り上げにも影響するのです。

 最近では、入場料5000円もするナイトプールに行く女性たちの模様がニュースになりました。ナイトプールとは、カラフルな装飾で彩られた夜間営業のプール(いわゆるナイトエコノミー狙い)。そこでの写真が「インスタ映え」すると流行しているのです。このことからも、みんなに賞賛されるかわいい・きれいなインスタを撮ること、=「インスタ映え」が行動経済、消費のモチベーションになりうることを証明しています。Twitterでも同じですが、気の利いた面白い文章を書くよりも、写真を撮る方が圧倒的に簡単ですから、流行るのもわかります。

 

■写メは死語。

 先日、Twitterで「写メは死語と言われた」というツイートが話題をさらいました。「メール」という用語も廃れつつあり、その代わりは今は「LINE」になりつつあります。写メの代わりの言葉が「インスタ」です。インスタグラムに写真をアップすることだけではなく、写真撮影全般に使われているというのだから驚きです。写真撮影=インスタ、にますますなっていくのかもしれません。ちなみにMRDでは最近、「インスタすること(されること)」を前提としたイベント企画を立てました。秋から本格始動し、来春には実現できるかもしれません。どうぞ、ご期待ください。(終)

 



インスタ映え」 ←こちらの単語で検索してみてください。


【募集中】解決してほしい案件を募集しております【謝礼進呈】

 

ビジネスの困りごと、リ・デザインで解決します。お気軽にお問い合わせ下さい。相談無料です。

 

また、案件のご紹介も随時募集しております。ご紹介いただいた方には、ビジネス成約後、謝礼を差し上げます。 

 

【解決して欲しいこと。困っていること。例えば・・・】

顧客を増やしたい/売り上げを上げたい/SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がどうしたらよいかわからない/企画するなどの人材がいない/ホームページを直したい/お客様に企画を提出したいがアイデアがない/商品を改善したい/技術を新領域、新市場で活かしたい/マーケティング計画を立てたい/まずはヒアリングしてほしい/アイデアの種はあるが、どうやってビジネスにできるかまではわからない/商品や食材が余って困っている/人を集めたい等々。貴社のビジネス上の課題・悩みをお聞かせください。

 

MRDに詳しく教えてください。秘密は守ります(秘密保持契約)。企画して改善策をご提案しますし、豊富なMRD人脈から最適な人・企業をご紹介する(コーディネートする)ことで解決できるかもしれません。通り一編のやり方ではなく、それぞれの状況・条件に応じた最適な解決策をご提供し、実行したいと思います。まずは、ご連絡ください。お話ししましょう。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

信頼されて20年。全力で解決をお手伝いします。企画するだけ・企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。