■2016年07月号 顧客の顧客は、我が社の顧客。


顧客の顧客は、我が社の顧客。

正しい公式
=(B to Doctor)to C

■「顧客視点」とは? 顧客の願いとは?
 「顧客視点」。よく見聞きする言葉です。その真意は「顧客の身になって、顧客の願い・希望・要望を叶えるために尽力する」ということだとMRDでは解釈しています。

■売り上げを上げたい。儲けたい。
 では、顧客の願いとはなんでしょう。ビジネスとして考えれば、その多くは「売り上げを増やしたい(儲けたい)」だと思います。顧客が儲けるとは、=顧客の顧客が増えることに他なりません。“顧客を増やすこと”のお手伝いができれば喜ばれ、感謝されます。顧客と自社の関係性も太く強くなります。このコトは、マーケティング支援でもあり、自社のブランディング強化でもあります。

■顧客満足=顧客の市場が大きくなること
 だからと言って、顧客が売っている商品を「代わりに売り歩きましょう!店頭に立って販売のお手伝いを!」ということではありません(それが正解の場合もあるでしょうけれど)。MRDが、ここで言いたい、顧客が喜ぶ“顧客の顧客が増えること”とは“顧客の市場を拡充させる”という意味です。

■思いもよらない市場との出会い
 例えば、顧客の既存市場以外の市場とつないであげる、顧客の困りごとを解消してあげる、顧客の課題を解決してあげる、などが、それに当たります。
 “顧客の既存市場以外の市場とつないであげる”とは、もっとも単純に言えば、自分の顧客Aに、自分の顧客Bの紹介をする・宣伝をするといったことです。顧客Aと顧客Bが上手いことドッキングできるかもしれません(協働するとか、コラボして新事業を行うとか)し、顧客Bが顧客Aの顧客に発展するかもしれません。

■製薬メーカーにおける成功事例
 もうひとつ、“顧客の顧客自体の困りごとを解消する”という解釈もあります。某製薬メーカーにおけるMRDの事例をお話しましょう。製薬メーカーの薬を買うのは医師ですから、多くの製薬メーカーは医師しか見ていません。しかし、医師の顧客は患者さんです。本来は医師の先にいる病気で苦しむ患者さんにも心を配り、戦略の中に加えるべきなのです。

■第三者視点による気づきと戦略
 製薬メーカーは自社のビジネスモデルをB+Doctorだと思っていたようですが、本当のところは(B+Doctor)to C でもあったわけです。医師の顧客(=患者)は、自社の顧客。メーカーが忘れがちな、この当然のコトに気づかせてくれたのが、MRDの言う第三者視点。その後、このメーカーは“まちづくり”という戦略で自社の市場を獲得・拡大することに成功していきました。(終)

 



顧客の顧客」 ←こちらの単語で検索してみてください。


【募集中】解決したい案件を募集しております【謝礼進呈】

 

ビジネスの困りごと、リ・デザインで解決します。お気軽にお問い合わせ下さい。相談無料です。

 

また、案件のご紹介も随時募集しております。ご紹介いただいた方には、ビジネス成約後、謝礼を差し上げます。 

 

【解決して欲しいこと。困っていること。例えば・・・】

ホームページとパンフレットの制作を同時にやってくれることろを探している/コンセプトから考えてほしい/顧客を増やしたい/売り上げを上げたい/SNSを宣伝やビジネスに使いたいがどうしたらよいかわからない/企画するなどの人材がいない/ホームページを直したい/お客様に企画を提出したいがアイデアがない/商品を改善したい/技術を新領域、新市場で活かしたい/マーケティング計画を立てたい/まずはヒアリングしてほしい/アイデアの種はあるが、どうやってビジネスにできるかまではわからない/商品や食材が余って困っている/人を集めたい等々。貴社のビジネス上の課題・悩みをお聞かせください。

 

MRDに詳しく教えてください。秘密は守ります(秘密保持契約)。企画して改善策をご提案しますし、豊富なMRD人脈から最適な人・企業をご紹介する(コーディネートする)ことで解決できるかもしれません。通り一編のやり方ではなく、それぞれの状況・条件に応じた最適な解決策をご提供し、実行したいと思います。まずは、ご連絡ください。お話ししましょう。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

信頼されて20年。全力で解決をお手伝いします。企画するだけ・企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。