■2016年03月号 企業は消費者のアイデアを聞く耳を…


無骨な養生テープを
カラフルなマスキングテープに変えたのは

素人の女性たち。

20億円もの市場を生み出したのは
そのアイデアに耳を傾けた1つの企業だけ。

■マスキングテープをご存知ですか
みなさんは「マスキングテープ」という商品をご存知でしょうか。雑貨店、100均ショップなどあちこちで販売されている、おしゃれでカラフルな紙製テープ(写真参照)のことです。

■マスキングテープ市場がいま拡充の一途
もともとは、というか本来は塗装の際、塗料がはみ出して作業箇所以外を汚さないようにするために貼る、いわゆる“養生テープ”と呼ばれる商品です。そんな無骨で味も素っ気もない養生テープですが、現在では「マスキングテープ」として巨大市場を築いています。そのきっかけになったのは、ある女性たちの意見でした。

■巨大市場のきっかけは女性のひとこと
その女性たちは、日常生活でマスキングテープを使う新しい用途を考えつき、いくつかのメーカーに伝えました。それなのに、ほとんどのメーカーがその用途の事業化を行いませんでした。素人女性の意見など聞くに値しない、そんな製品化など上手く行くはずがないと決めつけたからです。しかし、ある1社は違いました。岡山県のカモ井加工紙(株)。1923年創業の、ハエトリ紙の製造メーカーです。

■耳を貸した企業だけが受ける恩恵
そのカモ井加工紙1社だけが、彼女たちの意見に耳を貸し、思い切って製品化し事業化し、製品を最初に市場に投入したのです。同社は発売後4年で20億円の小売市場を生み出しました。当該市場でOEMを含めた約9割のシェアを占め、同社全体の売り上げの1割以上を当該用途向けで稼ぐようになるまで成長しました。カモ井以外のマスキングテープ・メーカーは有望な市場の存在を消費者から知らされながらも、自社に取り込むチャンスを逃がしてしまったのです。

■NHKの朝ドラでも似たようなことが
いまオンエア中のNHK連続テレビ小説「あさが来た」において、「ファースト・ピングイン(ペンギン)」という面白い言葉が登場します。海の中は危険がいっぱいで、どんな敵が待ち受けてるかもわかりませんが、群れの中から一番先に海に飛び込む勇気あるペンギンを指して『ファースト・ペンギン』。それまで誰も足を踏み入れなかった未知の世界にリスクを恐れず飛び込んでいく開拓者のことでもあります。まさに、カモ井加工紙はファースト・ペンギンだったわけです。

■アイデアと勇気さえあればチャンスは平等
これはファースト・ペンギンの一例であり、マスキングテープのリ・デザイン例です。リ・デザインよる成長は誰にでも、どの商品においても可能です。アイデアと、それを実行する決断と勇気さえあれば。(終)



マスキングテープ 20億円」 ←こちらの単語で検索してみてください。


【募集中】解決したい案件を募集しております【謝礼進呈】

 

ビジネスの困りごと、リ・デザインで解決します。お気軽にお問い合わせ下さい。相談無料です。

 

また、案件のご紹介も随時募集しております。ご紹介いただいた方には、ビジネス成約後、謝礼を差し上げます。 

 

【解決して欲しいこと。困っていること。例えば・・・】

ホームページとパンフレットの制作を同時にやってくれることろを探している/コンセプトから考えてほしい/顧客を増やしたい/売り上げを上げたい/SNSを宣伝やビジネスに使いたいがどうしたらよいかわからない/企画するなどの人材がいない/ホームページを直したい/お客様に企画を提出したいがアイデアがない/商品を改善したい/技術を新領域、新市場で活かしたい/マーケティング計画を立てたい/まずはヒアリングしてほしい/アイデアの種はあるが、どうやってビジネスにできるかまではわからない/商品や食材が余って困っている/人を集めたい等々。貴社のビジネス上の課題・悩みをお聞かせください。

 

MRDに詳しく教えてください。秘密は守ります(秘密保持契約)。企画して改善策をご提案しますし、豊富なMRD人脈から最適な人・企業をご紹介する(コーディネートする)ことで解決できるかもしれません。通り一編のやり方ではなく、それぞれの状況・条件に応じた最適な解決策をご提供し、実行したいと思います。まずは、ご連絡ください。お話ししましょう。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

信頼されて20年。全力で解決をお手伝いします。企画するだけ・企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。