■2015年09月号 ネット社会にみる、軽さと重さ。


ネット社会は気軽で手軽で便利。
時間短縮にもなるし、らくちんだ。
果たして、良い事だけでしょうか?
手軽な分だけ、自己責任も
それに比例して高まっていきます。


■ようやく収束?エンブレム問題
佐野研二郎氏がデザインした2020年東京五輪のエンブレムは使用中止が決定しました。この件に関しては大会組織委員会の責任問題や、大手広告代理店を含む広告業界村社会問題など語りたいことは山ほどあるのですが、今月はこの一点に絞ってお送りします。「ネット社会にみる気軽さ・手軽さと責任の重さ。」


■「画像を拾う」って自分のものにしちゃダメ
騒動の問題点はネットで画像を検索し(googleの「画像検索」と言う機能をご存知ですか?意外と知らない人がいるのに驚きました。)、探してきた画像に少し手を加えて(加工して)、「はい、一丁上がり!」といったものづくりの手法・姿勢です。そこに罪悪感はなかったか、あるいは恐ろしく希薄だったことが想像できます。


■使うまでのハードルの低さ
ご存じのとおり、ネットは大変に便利です。情報に満ちています。図書館に行かなくても資料を探すことができますし、画像も同じです。お目当ての“探し物”をスピーディーに見つけることができます。探すだけなら、そこには申請も許可も要りません。


■文章も簡単に拾ってきちゃう人たち
コピペ(コピー&ペースト)問題は画像だけではなく、ネットからお目当ての文章を探してきて自分の卒論や論文に、あたかも自分が書きました!かのように拝借(違法です)してしまう学生や学者もいるそうです。


■使う側の気持ちが緩んでいる
他人の文章や画像を無断使用してしまうのは、そこまでの経緯があまりにも簡単過ぎるからでしょう。難しい手続きも障壁もありません。パソコンがネットにつながっていればよいのですから。みんな麻痺してしまうわけです。普通過ぎるがゆえに、敬意も恐れも罪悪感も感じなくなってきているのではないでしょうか。大変危険な行為です。文章であれば出典先を明示し、引用する。画像であれば著作権フリーのものを使うなど、気をつけましょう。というより、気を使いましょう。


■世界中とつながっているという意識を
また、ネットを通じて自宅のパソコンと世界は広く深くつながっていることも忘れてはいけない点です。ある意味、見張られている・捜査されやすくなっているわけです。陰から石を投げつけるような酷い行為(袋叩き・行き過ぎた誹謗中傷)は看過されるべきではありませんが、今回の件で次から次へとパクリ画像が暴かれていったのは“ネットポリス”等と揶揄されてもいましたが、市井のネットユーザーたちのお陰でもあります。彼らの捜査能力を甘く見ては行けません。


■便利さの対価。それが責任。
ネット社会は気軽で手軽で便利ですが、その代償、使う側の責任の重さは減るものではありません。(終)



エンブレム パクリ問題」 ←こちらの単語で検索してみてください。


【募集中】解決してほしい案件を募集しております【謝礼進呈】

 

ビジネスの困りごと、リ・デザインで解決します。お気軽にお問い合わせ下さい。相談無料です。

 

また、案件のご紹介も随時募集しております。ご紹介いただいた方には、ビジネス成約後、謝礼を差し上げます。 

 

【解決して欲しいこと。困っていること。例えば・・・】

顧客を増やしたい/売り上げを上げたい/SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がどうしたらよいかわからない/企画するなどの人材がいない/ホームページを直したい/お客様に企画を提出したいがアイデアがない/商品を改善したい/技術を新領域、新市場で活かしたい/マーケティング計画を立てたい/まずはヒアリングしてほしい/アイデアの種はあるが、どうやってビジネスにできるかまではわからない/商品や食材が余って困っている/人を集めたい等々。貴社のビジネス上の課題・悩みをお聞かせください。

 

MRDに詳しく教えてください。秘密は守ります(秘密保持契約)。企画して改善策をご提案しますし、豊富なMRD人脈から最適な人・企業をご紹介する(コーディネートする)ことで解決できるかもしれません。通り一編のやり方ではなく、それぞれの状況・条件に応じた最適な解決策をご提供し、実行したいと思います。まずは、ご連絡ください。お話ししましょう。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

信頼されて20年。全力で解決をお手伝いします。企画するだけ・企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。