OBC

 

〔コミュニティ連携を意識。エビデンスを重視した医療系マーケティング戦略〕

 

医療系の戦略事案。エビデンスを重視した戦略を組むことが重要と考え、EBMを組み込んだ画期的なマーケティング・広告戦略をご提案しました。

 

■依頼内容

新しい企業活動の提案と成功事例作成。

 

■課題と目標

日本初の民間・医療・行政連携による、がん検診啓発の成功モデルづくり。EBMを組み込んだマーケティング・広告戦略。BC活動を「行政連携」「医療連携」「社内意識改革」に広げていく。

 

■ここがミウラ・リ・デザインらしさ

EBMを組み込んだマーケティング・広告戦略を提案しました。

 

(1)エビデンスを重視した戦略を組むことが重要である。※このソーシャル・マーケティング活動にEBMは欠かせない。特に「行政連携」「医療連携」を実現するためには最重要。

 

(2)大規模なマス広告よりも、地道な戦略と実行が成果を生む。

 

(3) “キャンペーン”ではなく日常的・恒常的な“活動”に位置づけるべき ※キャンペーンターゲット”と“広告ターゲット”とを分けて考えなかった。

これまでとは違った、永続的かつ効果的な認識・認知のされ方をする活動を戦略的に提案し、結果、プレゼンで勝利しました。日常の中に“気づき”を 置く、日常面からのアプローチ戦略をプラスすることでターゲット層により的確にリーチできる戦略だったからです。認知率及び検診率アップにつながることも 評価されたのだろうと思います。

 

認知率及び検診率アップ=「社会貢献度の高い活動」としての認知 =「医療経済にも寄与する活動」としての認知 = 「多くの連携を創出する意義の深い活動」としての認知、という図式で企画しました。

例)地域医療連携、医療とコ・メディカルとの連携