JIB

 

〔第三者視点で企業価値・事業価値を発見し、BtoBブランディング

 

ビジネスドメインを洗い出し、整理・最適表現化。さらに、レスポンシブWEBへ、リ・デザインしました。

 

■依頼内容

もともとは「ホームページの刷新」。

 

■課題と目標

もともとは「ホームページの刷新」だったのですが、ヒアリングを重ねる中、非常に“もったいない部分”が多いことに気づきました。それらの部分を“見える化”し、コンテンツ化することが、何より の刷新だと提案させていただきました。

 

対外的なアピールはもちろんですが、社内へのアピール、統一感醸成にも、サイトのリ・デザインは役に立ちます。

 

■ここがミウラ・リ・デザインらしさ

生活者目線で見ると、世の中にフリーペーパー等情報はいっぱい。情報洪水。作れば・置けば、情報が到達する。そんな時代ではないからこそ、ベースとなる企画をしっかりと。私たちは、「デザインはモノやコトの機能をカタチにしたものであり、意味が大切だ」と捉えています。~まずはじめに、企画(機能・考え方・シーンありき)で、そこからデザイン(具体的表現)を発想していきました。

 

まず、事業を「5つの柱」に整理し、訴求することにしました。

  1.  データを活かして印刷する
  2.  自動で組版する
  3.  製本する・製造する
  4.  アイテムを組み合わせる
  5.  発送する

その上で、

  • ベースカラーは白を基調に設定。清潔・シンプルなイメージな上、誰からも嫌われないカラーリングです。
  • デザインはコミュニケーションです。一方的にならずに、コミュニケーションの端緒となるようなデザインに。
  • 基本のデザインは固定(更新はCMSで)ですが、「5つの事業の柱」はフォーマットを統一しました。デザインパターンを変えることで、5本柱の個性を特徴付けるのが狙いです。アイコン化はせず、知性を感じさせるべく、高品質な写真を駆使して仕上げました。

さらに以下の理由により、PC/スマホの両サイトの構築を強く推奨しました。

  • BtoBとはいえ、企業のフロントページ(公式サイト)であること。(あらゆる人がアクセスしてくるため、機会損失を最小限度に抑える必要性)
  • 企業担当者だけではなく、一般生活者(潜在的な将来のクライアントやスタッフとなりうる将来の見込み客)も見ていること。就職系サイトやSNSなどでも、クライアントについての感想や意見が投稿されていること。
  • アクセス解析および対策なども考慮すると、一元管理の面から、スマホ版も存在したほうが良いこと。
  • 将来の展開(BtoCサイト)との親和性を考慮すると、企業サイトもスマホ版を用意しておくべきと思えること。
  • メリットのほうが、はるかに多いこと。(プレゼン時は別途、別ページで提示しました)

 

【募集中】解決してほしい案件を募集しております【謝礼進呈】

 

ビジネスの困りごと、リ・デザインで解決します。お気軽にお問い合わせ下さい。相談無料です。

 

また、案件のご紹介も随時募集しております。ご紹介いただいた方には、ビジネス成約後、謝礼を差し上げます。 

 

【解決して欲しいこと。困っていること。例えば・・・】

顧客を増やしたい/売り上げを上げたい/SNSを宣伝やビジネスに使いたいが人がどうしたらよいかわからない/企画するなどの人材がいない/ホームページを直したい/お客様に企画を提出したいがアイデアがない/商品を改善したい/技術を新領域、新市場で活かしたい/マーケティング計画を立てたい/まずはヒアリングしてほしい/アイデアの種はあるが、どうやってビジネスにできるかまではわからない/商品や食材が余って困っている/人を集めたい等々。貴社のビジネス上の課題・悩みをお聞かせください。

 

MRDに詳しく教えてください。秘密は守ります(秘密保持契約)。企画して改善策をご提案しますし、豊富なMRD人脈から最適な人・企業をご紹介する(コーディネートする)ことで解決できるかもしれません。通り一編のやり方ではなく、それぞれの状況・条件に応じた最適な解決策をご提供し、実行したいと思います。まずは、ご連絡ください。お話ししましょう。

 

メモ: * は入力必須項目です

※ このフォームでお預かりする個人情報の取り扱いについて:「お問い合わせフォーム」にご記入いただいたお名前・電話番号・メールアドレス等の個人情報は、お問い合わせへの対応のみに利用いたします。弊社では、ご提供いただいた個人情報は弊社「個人情報保護方針」に基づき、厳重に取り扱うことをお約束いたします。

信頼されて20年。全力で解決をお手伝いします。企画するだけ・企画しっぱなしではありません。最後まで寄り添い、伴走します。

 

 

「リ・デザイン(Re:design)」で、世の中の・企業の・技術の・商品 の・その想いの「もったいない」を価値化し、ワクワクする暮らし、ワクワクするビジネスを実現していきたいと考えています。