EHB

 

〔企業理念を本にしたブランドブック。コーポレート・ブランドの一策〕

 

企業理念を読み物としてブランドブック化。企業マインドをステークホルダーにわかりやすく感動をもって伝わる編集内容にしました。

 

■依頼内容

企業理念を社員へ再認識させたい。啓発したい。そんな依頼からスタートし、企画から2年がかりで完成させた企業Eの社内向け啓発本です。企業理 念から、現場の社員の声、理念に関する社長の言葉、理念が生まれた理由・歴史まで、あらゆる資料を掘り起こし、幾度となく取材を敢行し、丁寧に丁寧に編纂 して完成させました。

 

■課題と目標

企業のマインドを再認識させると同時に、社員間に浸透させる。また、社員はもちろん主要なステークホルダーを中心とする「社会」に対するものとする。企業理念をコーポレート・ブランドとして社内に共有化・標準化する。理念を分かりやすく、正確且つ効果的に伝える。

 

■ここがミウラ・リ・デザインらしさ

企業理念を分かりやすく、正確に、且つ効果的に伝えるためには?編集方針は何か?企業理念にさまざまな視点から光を当て、読み物として完成度の高い 書籍(啓発ツール)を提案しました。自社への共感・共鳴を獲得し、ロイヤリティを向上させるためのモノとしても位置づけました。「いいものをつく りたい」と要望されました。そこで私たちが考えたのは、この場合で言う「いいもの」とは何か?です。

 

(1)一方的な「言い聞かせ」ではないもの。「読め」ではなく「読んでください」の心。

 

(2)読んだ人の心が動くもの。企業賛歌・企業万歳・企業の 努力物語ではNG。

 

(3)伝えるべきは「社長の考え」ではなく「企業理念(の魂)」であること。「社長の言葉」は数あるヒントのone of themでしかない。

 

取材から企画・構成・コピーライティング、全ページの原稿執筆を担当。刊行まですべてを手がけました。完成まで2年をかけ、1冊まるごと丁寧に真摯に作り上げました。